プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【結果速報】広陵、敦賀気比を大差で破り2回戦進出 エース&主砲が躍動(2日目・第1試合)【春のセンバツ甲子園2022】|第94回選抜高校野球大会

2022/03/20

text By



甲子園 最新ニュース(高校野球最新情報)

<2日目 第1試合 1回戦 〇広陵 9-0 敦賀気比●>(20日、阪神甲子園球場)

 第94回選抜高等学校野球大会は20日、阪神甲子園球場で第2日を迎え、第1試合で広陵(広島)と敦賀気比(福井)が対戦。広陵が9-0と投打に圧倒し、2回戦進出を決めた。

 

 
 昨秋の明治神宮大会にも出場した強豪校同士の対決は、いきなり初回に動いた。広陵は2番・松下水音が右安で出塁すると、続く内海優太は、強烈な当たりでライト線を破るタイムリーツーベース。なおも2死三塁から5番・田上夏衣も右翼フェンス直撃の適時三塁打を放ち、幸先良く2点を先制した。
 
 敦賀気比は、3回裏の守備でも2死満塁のピンチを迎えたが、センター後方を襲った打球を中堅手・河合陽一が好捕。続く4回の攻撃では、先頭の浜野孝教がチーム初安打を放ち、1死二塁の形を作ったが、得点には繋がらなかった。
 
 すると広陵は5回、2番・松下、3番・内海の連続安打で無死一、三塁のチャンスを作り、続く真鍋慧の犠飛で追加点。さらに7番・川瀬虎太朗が左中間を破る適時二塁打、8番・大山陽生には右中間への2点タイムリースリーベースが飛び出し、一挙4得点。リードを6点に広げた。
 
 広陵は、6回にも内海の適時打で1点、8回には代打・西凌矢の2点タイムリーで追加点。投げては先発マウンドのエース・森山陽一朗が、8回途中を2安打無失点投球。後を受けた松林幸紀も敦賀気比打線を抑え、完封リレーを飾った。

 広陵の次戦は、24日(第6日)の第3試合で、九州国際大付(福岡)と対戦する。