プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【結果速報】九州国際大付属、クラーク国際をサヨナラで降して2回戦へ 緊迫の投手戦を制する(1日目・第3試合)【春のセンバツ甲子園2022】|第94回選抜高校野球大会

2022/03/19

text By



甲子園 最新ニュース(高校野球最新情報)

<1日目 第3試合 1回戦 ●クラーク記念国際 2-3 九州国際大付○>(19日、阪神甲子園球場)

 第94回選抜高等学校野球大会は19日、阪神甲子園球場で第1日を迎え、第3試合でクラーク記念国際(北海道)と九州国際大付(福岡)が対戦。息をのむ投手戦の行方は、延長の末、九州国際大付が制した。

 

 
 昨秋の明治神宮大会の再戦となった同カード。神宮大会では、九州国際大付が5-1で勝利していた。連勝か、雪辱か。雨が降りしきる中始まった試合は、最後まで目が離せない緊迫したゲームだった。
 
 九州国際大付は香西一希、クラーク国際は山中麟翔の両左腕が先発マウンド。初回、クラーク記念国際は、香西の立ち上がりを攻める。1死から安打と犠打で得点圏に走者を進めると、4番・山中がセンターフェンス直撃となる適時二塁打。エースが自分のバットでチームに先制点をもたらした。
 
 しかし2回裏、その山中は制球が定まらず、1死から2者連続四球。一塁を守っていた右の本格派・辻田旭輝に早い段階でバトンを渡すことになった。代わった辻田は、2死とするも、打ち取った当たりが適時内野安打となり同点。さらに2番・中上息吹に勝ち越し打を許した。
 
 それでも3回表にクラーク国際は、2本のヒットと内野ゴロの間に1点を挙げ、すかさず同点に。序盤は2-2と点を取り合う形となった。

 中盤以降は一転、香西、辻田がともに尻上りに調子を上げ、テンポよくスコアボードに「0」を並べていく。試合は両者無得点のまま延長戦に突入する。
 
 膠着状態に風穴を開けたのは、九州国際大付だった。10回裏、1死から中上、小田原義の連打で一、三塁に。最後は4番・佐倉侠史朗の浅い左飛で三塁走者・中上がタッチアップを決め、サヨナラのホームを踏んだ。
 
 九州国際大付の次戦は、24日(第6日)の第3試合。あすの第1試合・広陵(広島)対敦賀気比(福井)の勝者と対戦する。