データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】智弁和歌山、初回に一挙4点先制! 智弁学園・西村王雅に集中打浴びせる(決勝戦・智弁和歌山対智弁学園)夏の甲子園【全国高校野球2021】

2021/08/29

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<15日目 決勝戦 智弁和歌山 ー 智弁学園>(29日、阪神甲子園球場)
 

 
 第103回全国高等学校野球選手権大会は29日、阪神甲子園球場で最終日となる第15日を迎え、決勝戦で智弁和歌山(和歌山)と智弁学園(奈良)が対戦。

 智弁学園はエース左腕の西村王雅、智弁和歌山は背番号「18」の伊藤大稀が先発。先攻の智弁和歌山は、西村の立ち上がりを攻め立てる。初回、先頭の宮坂厚希が初球を捉えてセンターオーバーの二塁打を放つと、大仲勝海も安打で続いて無死一、三塁。1死後に徳丸天晴の犠飛で先制すると、なおも2死一、三塁から渡部海、高嶋奨哉の連続タイムリーで一挙4点を先制した。
 
【スコア速報】夏の甲子園2021 決勝戦 智弁和歌山対智弁学園






  • 記者募集