データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【智弁対決】智弁和歌山(智辯和歌山)のスタメン、見どころ、注目選手は?【夏の甲子園2021決勝戦展望】

2021/08/28

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 第103回全国高等学校野球選手権大会は29日、阪神甲子園球場で第15日を迎え、全国制覇をかけた決勝戦(14時開始予定)で智弁和歌山(和歌山)と智弁学園(奈良)の“智弁対決”が実現する。試合に先立ち、予想されるスターティングメンバーから見どころを探る。
 

 
 19年ぶり3度目の夏の甲子園決勝進出を果たした智弁和歌山は、初陣となる予定の宮崎商戦が不戦勝となり、初戦が出場校で最も遅い24日の高松商戦に。難しい調整を強いられたが、磐石の試合運びを見せ、一度もリードを許さず勝ち上がってきた。投手陣は、2試合に先発した中西聖輝が主戦。17回2/3を投げ、失点4(自責点1)と高い安定感を見せている。その他にも、準々決勝・石見智翠館戦で6回無失点の快投を見せた2年生右腕・塩路柊季や武元一輝は140キロ超の速球を武器とし、左腕・高橋令も控える。

 3試合で19得点を挙げている打線は、好調を維持する左打者が鍵を握るか。リードオフマンを務める主将の宮坂厚希は、チームトップの打率.533(15打数8安打)をマーク。準決勝・近江戦では4安打を放ち、得点機を演出した。2番・大仲勝海も、打率.462(13打数6安打)と打撃好調。準決勝では、リードを広げる貴重な2点タイムリーを放つなどチームトップの4打点を稼いでいる。また、準決勝で先制打の3番・角井翔一朗も打率.444(9打数4安打)、3打点と当たっており、9番を打つ大西拓磨も打率.455(11打数5安打)と結果を残している。
 
今大会の戦績
2回戦:不戦勝 宮崎商(宮崎)
3回戦:5-3 高松商(香川)
準々決勝:9-1 石見智翠館(島根)
準決勝:5-1 近江(滋賀)

1 2 3





  • 記者募集