データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【結果速報】智弁学園、逆転サヨナラでベスト4! 明徳義塾との強豪校対決制す(準々決勝・第3試合)夏の甲子園【全国高校野球2021】

2021/08/26

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<13日目 第3試合 準々決勝 ●明徳義塾 2ー3× 智弁学園○>(26日、阪神甲子園球場)
 

 
 第103回全国高等学校野球選手権大会は26日、阪神甲子園球場で第13日を迎え、準々決勝・第3試合で明徳義塾(高知)と智弁学園(奈良)が対戦。激闘の末、智弁学園が3-2でサヨナラ勝ちを収め、準決勝進出を決めた。

 智弁学園の先発は、エース左腕の西村王雅。1年生から甲子園の舞台に立っている経験豊富な背番号「1」は、この日も落ち着いたマウンド捌きで序盤を無失点で終えた。
 
 対する明徳義塾は、前日の松商学園戦で完封勝利を飾ったエースの代木大和ではなく、今大会はリリーフとして登板している2年生左腕・吉村優聖歩が先発マウンド。サイドハンドから投じる独特の軌道で打者を翻弄し、打者一巡パーフェクトに抑えた。
 
 均衡が破れたのは中盤4回、明徳義塾は、四死球とラッキーなバント安打で1死満塁の絶好機を迎えると、この場面で7番・井上航輝がスクイズを敢行。これが見事に成功し、大事な先取点が明徳義塾に入った。
 
 しかし、智弁学園はその裏、先頭の垪和拓海の四球を足がかりに1死一、二塁のチャンス。4番・山下陽輔のタイムリーですぐさま同点に追いついた。
 
 その後は、両投手が立て直しを見せた。智弁学園・西村は、7回に2死二、三塁のピンチを背負い、1番・米崎薫暉に大飛球を打たれたが、レフトを守る前川右京がフェンス際で好捕。一方の明徳義塾・吉村は、危なげないピッチングを続け、再び膠着状態が続いた。
 
 同点のまま迎えた9回、明徳義塾は先頭の代木大和が速球を振り抜いた。打球はバックスクリーン右に飛び込むソロホームラン。代木の2試合連続弾で勝ち越しに成功した。ここで智弁学園は、西村から右のエース小畠一心にスイッチ。小畠に対しても、1死満塁としたが、追加点はならなかった。
 
 後がない智弁学園だったが、その裏、連打と死球で無死満塁とサヨナラのチャンスを迎えた。打席の4番・山下は、押し出し死球でまずは同点。続く岡島光星の打球がセカンドの頭を越え、試合を決めた。
 
【夏の甲子園2021】第103回全国高校野球選手権大会 試合日程スケジュール トーナメント表(対戦組み合わせ)一覧






  • 記者募集