データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【結果速報】智弁和歌山、15安打9得点の猛攻で準決勝進出! 石見智翠館を破りベスト4(準々決勝・第2試合)夏の甲子園【全国高校野球2021】

2021/08/26

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<13日目 第2試合 準々決勝 ○智弁和歌山 9ー1 石見智翠館●>(26日、阪神甲子園球場)
 

 
第103回全国高等学校野球選手権大会は26日、阪神甲子園球場で第13日を迎え、準々決勝・第2試合で智弁和歌山(和歌山)と石見智翠館(島根)が対戦。投打に圧倒した智弁和歌山が9-1で勝利。ベスト4入りを決めた。

先攻の智弁和歌山は初回、石見智翠館のエース山崎琢磨を攻め、2本の安打と四球で1死満塁とし、岡西佑弥の犠飛で先制した。その裏、智弁和歌山の先発マウンドには背番号「16」の2年生右腕・塩路柊季。塩路は、力強い速球で打者を押し込み、三者凡退の立ち上がりを見せた。
 
続く2回、智弁和歌山先頭の7番・高嶋奨哉が速球を振り抜き、レフトスタンドへ飛び込むソロホームラン。さらに4回には、1番・宮坂厚希が二遊間を破る適時打を放ち、山崎を降板に追い込んだ。なおも2番手・山本由吾に対し、大仲勝海のタイムリーで1点を追加した。
 
今大会初登板となった智弁和歌山・塩路は、2回以降も安定したピッチング。5回までに7三振を奪い、石見智翠館打線を圧倒した。
 
試合後半、智弁和歌山打線がさらなる猛攻を仕掛ける。6回、1死二、三塁から3番・角井 翔一朗がスクイズを成功させると、徳丸天晴、渡部海のタイムリーも生まれ、3得点。7回にも2番・大仲のタイムリーツーベースなどで2点を奪い、大きくリードを広げた。
 
その裏、智弁和歌山は、快投を見せていた塩路から背番号「11」の左腕・高橋令にスイッチ。代わり端を捉えたい石見智翠館は、振り逃げと安打で1死一、二塁のチャンスを作ったが、後続が併殺打に倒れ、無得点に終わった。
 
 9回、智弁和歌山のマウンドには背番号「17」の2年生右腕・武元一輝。後がない石見智翠館は、6番・山崎の適時打で1点を返したが、反撃はここまでとなった。
 
【夏の甲子園2021】第103回全国高校野球選手権大会 試合日程スケジュール トーナメント表(対戦組み合わせ)一覧






  • 記者募集