データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【結果速報】京都国際、サヨナラでベスト4一番乗り 敦賀気比は8回先制も逃げきれず(13日目・準々決勝・第1試合)夏の甲子園【全国高校野球2021】

2021/08/26

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<13日目 第1試合 準々決勝 〇京都国際 3-2 敦賀気比●>(26日、阪神甲子園球場)
 
 第103回全国高等学校野球選手権大会は26日、阪神甲子園球場で第13日を迎え、準々決勝・第1試合で京都国際(京都)と敦賀気比(福井)が対戦。京都国際が3-2で敦賀気比を破り、準決勝進出を決めた。
 

 
 息をのむ投手戦となった。

 京都国際はここまで2試合完投の森下瑠大ではなく、背番号9の平野順大が先発マウンド。その平野は、初回以外毎回ランナーを背負うも、2つの併殺を奪うなど要所を締め、5回無失点と先発の大役を果たした。6回からは森下が登板。この日は打者として4番に座り、長打を含む2安打を放つなど、前半バットで貢献していたエースに試合後半を託した。
 
 一方の敦賀気比は本田克が先発。本田も毎回走者を許すが得点を与えない粘りのピッチングを披露。しかし、0-0の5回、1点が重い展開で、1死から連打を浴び一、二塁のピンチを背負うと、ここで吉崎空にリレー。吉崎がこのピンチをゼロで切り抜け、両チーム互いに一歩も譲らない緊迫したゲームを演じた。
 
 均衡が破れたのは終盤8回。先攻の敦賀気比が、死球で先頭が出塁した走者をバントで進塁させる。1死二塁と先制の場面で、打席にはこの試合3打数3安打と当たっている4番・上加世田頼希。だが、この回は特に森下の制球が定まらず、上加世田も死球を受けチャンスが広がる。そして続く5番・前川誠太が、初球スライダーを引っ張ると、打球は三遊間をしぶとく破り、先制タイムリーに。さらに小西奏思の犠飛で上加世田も還り、森下から終盤で2点をもぎ取った。
 
 だがその裏、京都国際は先頭の松下恵富が二塁打を放ち、ノーアウトで得点圏のチャンスを作ると、1死から安打と死球で満塁となる。ここまで好投を続けてきた2番手吉崎だが、この回は球が抜け、続く中川勇斗はフルカウントから押し出し四球を選んだ。さらに森下の一ゴロの間に追いつき、同点で最終回へ突入する。
 
 9回、表の守りを無失点で終えた京都国際は裏の攻撃、先発した平野がセンターへの安打を放ちサヨナラのランナー。敦賀気比はここで3番手・竹松明良にスイッチしたが、植西龍雅が犠打を決め得点圏へと進塁する。最後は、8番・松下恵富ライト前へ運ぶと、右翼手がボールの処理を誤った隙に平野が本塁を陥れサヨナラ。京都国際が土壇場で勝負強さをみせた。

 
【夏の甲子園2021】第103回全国高校野球選手権大会 試合日程スケジュール トーナメント表(対戦組み合わせ)一覧






  • 記者募集