データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【結果速報】近江、盛岡大付属を破り準々決勝進出! ベスト8には近畿勢が5校、2戦完封の渡辺翔真は4失点(12日目・第4試合)夏の甲子園【全国高校野球2021】

2021/08/25

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<12日目 第4試合 3回戦 ●盛岡大付 4-7 近江〇>(25日、阪神甲子園球場)
 
 第103回全国高等学校野球選手権大会は25日、阪神甲子園球場で第12日を迎え、第4試合で盛岡大付(岩手)と近江(滋賀)が対戦。近江が序盤のリードで試合を優位に進め、7-4で勝利。ベスト8入りを決めた。
 

 
 盛岡大付はここまで2試合連続完封と好投を続けていた渡辺翔真ではなく、背番号「18」の井口敦を先発マウンドへ。1、2回戦の疲労や、あす準々決勝が連戦となることも考慮した起用となった。

 しかしその井口は、先頭から2者連続四球と制球が定まらない。すぐさまベンチは動き、わずか10球で2番手・大平一真へとスイッチした。代わった大平は、3番の近江先発・山田陽翔にレフトへ適時打を浴び先制を許すと、2死となってから、明石楓大にもタイムリーを打たれ、井口が出した走者2人を還す結果となった。
 
 2回は3人で「0」に抑えた大平だが、3回、死球で出した走者に、エラーも絡んでさらに1点を献上。なおも1死一、二塁とピンチの場面で、渡辺に交代した。後続は渡辺が打ち取り無失点で切り抜けたが、この日も試合の命運は、エースの双肩にかかることとなった。
 
 エースの登場で奮起した盛岡大付はその裏、下位打線が連打で二、三塁のチャンスを作ると、2番・南早羽己がレフトへ2点適時二塁打。すぐさま1点差に詰め寄り、試合の主導権を引き戻した。
 
 しかし6回、渡辺は、明石にライトへの三塁打を浴びピンチを迎えると、横田悟に三遊間を破られ、今大会初失点。さらに7回にも、明石にセンターへこの日2本目の適時打を許すと、8回は集中打を浴び、試合を決められた。
 
 対する近江の投手陣は、先発山田が、最速146キロの速球を軸に、6回まで89球、被安打7、10奪三振、2失点の好投で試合を作ると、7回からは、1、2回戦と同じように岩佐直哉がマウンドへ。岩佐は8、9回と追いすがる盛岡大付打線に失点を許すも、リードを守り抜き、7-4でゲームセット。必勝リレーがこの日も機能した。
 
 勝利した近江は、あす26日に行われる準々決勝・第4試合で神戸国際大付(兵庫)と対戦する。

 
【夏の甲子園2021】第103回全国高校野球選手権大会 試合日程スケジュール トーナメント表(対戦組み合わせ)一覧






  • 記者募集