データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【結果速報】明徳義塾、代木大和が3安打完封&決勝弾! 松商学園破りベスト8進出(12日目・第2試合)夏の甲子園【全国高校野球2021】

2021/08/25

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<12日目 第2試合 3回戦 ○明徳義塾 2ー0 松商学園●>(25日、阪神甲子園球場)
 

 
 第103回全国高等学校野球選手権大会は25日、阪神甲子園球場で第12日を迎え、第2試合で明徳義塾(高知)と松商学園(長野)が対戦。明徳義塾が2-0で接戦を制し、準々決勝進出を決めた。

 明徳義塾の絶対的エースが、投打に渡る活躍を見せた。
 
 2回戦の東北学院戦が不戦勝となった松商学園。先発マウンドは背番号「11」の2年生左腕・栗原英豊に託した。対する明徳義塾の先発は、エースの代木大和。初回からともに走者を背負ったが、無失点の立ち上がりを見せた。
 
 先制したのは、明徳義塾。2回、1死から打席の5番・代木が真ん中付近の速球を完璧に弾き返した。打球はライトポールを巻くソロホームラン。自らのバットで先制点を挙げた。
 
 その後は、両投手が要所を締めて得点を与えず。特に明徳義塾・代木は、5回まで松商学園打線をわずか1安打に抑えた。
 
 明徳義塾は6回、2死から4番・加藤愛己が大飛球をレフトへ。浜風にも乗った打球はそのままスタンドイン。女房役がエースの好投に応える一発を放ち、追加点を奪った。
 
 リードを広げてもらった明徳義塾・代木は、6回以降も安定した投球を継続。7回には、2本の安打で一、三塁のピンチを背負ったが、無失点で凌いだ。代木は、最後まで松商学園打線に付け入る隙を与えず、3安打完封勝利を飾った。
 
【夏の甲子園2021】第103回全国高校野球選手権大会 試合日程スケジュール トーナメント表(対戦組み合わせ)一覧






  • 記者募集