データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【結果速報】智弁学園、小畠一心の1失点完投勝利でベスト8進出 強力打線が終盤に本領発揮、日本航空はヴァデルナ(バデルナ)の熱投及ばず(12日目・第1試合)夏の甲子園【全国高校野球2021】

2021/08/25

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<12日目 第1試合 3回戦 ○智弁学園 7ー1 日本航空●>(25日、阪神甲子園球場)
 

 
 第103回全国高等学校野球選手権大会は25日、阪神甲子園球場で第12日を迎え、第1試合で智弁学園(奈良)と日本航空(山梨)が対戦。終盤まで接戦となったが、投打の噛み合った智弁学園が7-1で勝利し、準々決勝進出を決めた。

 日本航空は、2試合連続完封を記録しているヴァデルナ フェルガス、智弁学園は、背番号「10」の小畠一心が先発。智弁学園は初回、先制機を迎えるも無得点に終わった。対する日本航空はその裏、先頭の久次米陸士の安打と盗塁、進塁打で1死三塁とし、エドポロ ケインの三ゴロの間に1点を先行した。
 
 その後は、両投手が尻上がりに調子を上げ、安定した投球を披露。緊迫した投手戦で、1点差の展開が続いた。
 
 膠着状態の試合が動いたのは6回、智弁学園は連打と四球で無死満塁の絶好機を迎え、4番・山下陽輔の併殺打の間に同点。続く森田空は三塁へ打ち取られた打球となったが、三塁手の送球が逸れ、相手の失策で逆転に成功した。
 
 智弁学園はさらに7回、1死から9番・竹村日向が安打で出塁し、ボークで二進。1番に抜擢された垪和拓海が三遊間を破るタイムリーを放ち、好投手ヴァデルナを降板に追い込んだ。
 
 智弁学園・小畠は、2回以降安打を許さない完璧なピッチング。8回には久しぶりの安打を打たれ、連打で無死一、二塁のピンチを背負ったが、後続を併殺打、空三振に打ち取り、無失点で凌いだ。
 
 智弁学園は、9回にも小刻みな継投を見せる日本航空に対し、この日3番に入った前川右京の2試合連続の2ラン、植垣洸の2点タイムリーで一挙4得点。最後は小畠が三者凡退で試合を締めた。
 
【夏の甲子園2021】第103回全国高校野球選手権大会 試合日程スケジュール トーナメント表(対戦組み合わせ)一覧






  • 記者募集