データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【結果速報】敦賀気比、三重高校の反撃振り切りベスト8進出 初回に打者一巡5得点の猛攻、エース本田克が完投勝利(11日目・第3試合)夏の甲子園【全国高校野球2021】

2021/08/24

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<11日目 第3試合 3回戦 ●三重 3ー6 敦賀気比○>(24日、阪神甲子園球場)
 

 
 第103回全国高等学校野球選手権大会は24日、阪神甲子園球場で第11日を迎え、第3試合で三重(三重)と敦賀気比(福井)が対戦。試合の主導権を握った敦賀気比が、6-3で逃げ切り、準々決勝に進んだ。

 敦賀気比の誇る強力打線が、序盤にその実力を発揮した。
 
 初回、三重先発の上山颯太の立ち上がりを攻め、無死満塁とし、上加世田頼希のタイムリーで先制。さらに6番・小西奏思、8番・長尾朝陽の適時打などで得点を重ね、打者11人の猛攻で一挙5点を奪った。
 
 さらに2回、三重2番手の辻亮輔に対して2死から走者を出すと、小西がタイムリーツーベースを放ち、追加点を挙げた。
 
 敦賀気比のエース本田克は、打たせて取る投球で三重打線を中盤までシャットアウト。対する三重マウンドの辻亮輔も、3回以降は粘りのピッチングでこれ以上の得点を許さない。
 
 得点の欲しい三重は7回、1死から連打で一、二塁のチャンスを作ると、9番・服部優成は二塁へのゴロとなったが、セカンドのゲッツーを狙う送球が逸れる間に二塁走者が生還。守備の乱れに乗じて1点を返した。
 
 さらに8回、先頭の3番・品川侑生が安打で出塁。続く池田彪我は、速球を逆方向へ弾き返した。風にも乗った打球は、レフトポールを巻く2ランホームラン。4番の今大会初安打となる一発で、さらに点差を縮めた。
 
 3点差で迎えた9回、敦賀気比はエース本田が続投。粘る三重の反撃を振り切り、完投で試合を締めくくった。
 
【夏の甲子園2021】第103回全国高校野球選手権大会 試合日程スケジュール トーナメント表(対戦組み合わせ)一覧






  • 記者募集