データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【結果速報】長崎商業、15安打6得点で専大松戸を降し3回戦進出 城戸-田村のリレーで的絞らせず(9日目・第3試合)夏の甲子園【全国高校野球2021】

2021/08/22

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<9日目 第3試合 2回戦 〇長崎商 6-2 専大松戸●>(22日、阪神甲子園球場)
 
 第103回全国高等学校野球選手権大会は22日、阪神甲子園球場で第9日を迎え、第3試合で専大松戸(千葉)と長崎商(長崎)が対戦。長崎商が6-2で勝利し、3回戦進出を決めた。
 

 
 初回、先手をとったのは長崎商。専大松戸先発の背番号「11」岡本陸の立ち上がりに対し、先頭から連打と四球で無死満塁のチャンスを作ると、4番・宮城伊吹がライトへの犠牲フライを放ち先制。さらに城戸悠希も適時打で続き、2点をリードした。

 対する専大松戸は3回、岡本の内野安打などで無死二、三塁と同点機を迎えると、2番・苅部力翔がセンターへ2点タイムリーを放ち同点。打線が試合の主導権を取り戻した。
 
 しかし5回、初回の失点以来立ち直っていた岡本だが、2本のヒットなどで2死一、三塁とされると、城戸、松井心助に連続タイムリーを浴び勝ち越しを許す。専大松戸はここで岡本を諦め、エース深沢鳳介にマウンドを託した。だが、なおも一、三塁とピンチの場面で、深沢が投じた初球、鬼塚陸人に適時打を許し、この回計3点を失った。
 
 その後も長崎商は、先発の城戸、6回から登板した2番手・田村琉登がそれぞれ好投し、専大松戸に反撃を許さず。打線は7回にも深沢から1点を奪い、15安打6得点で快勝した。
 
 勝った長崎商は25日(第12日)に、神戸国際大付(兵庫)と対戦する。

 
【夏の甲子園2021】第103回全国高校野球選手権大会 試合日程スケジュール トーナメント表(対戦組み合わせ)一覧






  • 記者募集