データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【結果速報】神戸国際大付属、高川学園との接戦制し3回戦進出 阪上翔也が投打に躍動、3失点完投勝利&2ラン含む3打点(9日目・第2試合)夏の甲子園【全国高校野球2021】

2021/08/22

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<9日目 第2試合 2回戦 ●高川学園 3ー4 神戸国際大付○>(22日、阪神甲子園球場)
 

 
 第103回全国高等学校野球選手権大会は22日、阪神甲子園球場で第9日を迎え、第2試合で高川学園(山口)と神戸国際大付(兵庫)が対戦。1点を争う好ゲームは、神戸国際大付が4-3で勝利し、3回戦進出を決めた。

 神戸国際大付の大黒柱が、投打に躍動した。
 
 神戸国際大付は、1回戦に続いて背番号「9」の阪上翔也が先発。初回、三塁打と四球で無死一、三塁のピンチを背負ったが、後続を断って無失点で凌いだ。対する高川学園は、エースの河野颯が先発マウンド。神戸国際大付は、死球と犠打で1死二塁のチャンスを作ると、3番を打つ阪上が右中間スタンドへの2ランを放ち、自らのバットで先取点を生み出した。
 
 その後は、両投手が粘りの投球を見せていたが、高川学園が5回に猛攻を見せる。先頭の河野、山見拓希の連続二塁打で1点を返すと、なおも1死三塁から山大輝が適時打。さらにライトが後逸する間に快足を飛ばして一気に生還し、逆転に成功した。
 
 初回以降は、高川学園・河野に封じられていた神戸国際大付は7回、先頭の川西琉成が二塁打でチャンスメイクすると、犠打で三塁に走者を送り、代打・勝木力輝斗の適時打で同点。なおも2死二塁とし、力投を続ける阪上がレフトへタイムリーヒットを放ち、再びリードを奪った。
 
 神戸国際大付・阪上は、6回以降無失点の好投。最後まで1人で投げ切り、3失点完投勝利を収めた。
 
 勝利した神戸国際大付の次戦は、25日・第3試合でこの後行われる長崎商(長崎)VS専大松戸(千葉)の勝者と対戦予定だ。
 
【夏の甲子園2021】第103回全国高校野球選手権大会 試合日程スケジュール トーナメント表(対戦組み合わせ)一覧






  • 記者募集