データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【結果速報】明徳義塾、試合巧者ぶり発揮し明桜を降す 最速157キロ右腕・風間球打は粘投も姿消す(9日目・第1試合)夏の甲子園【全国高校野球2021】

2021/08/22

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<9日目 第1試合 2回戦 ○明徳義塾 8ー2 明桜●>(22日、阪神甲子園球場)
 

 
 第103回全国高等学校野球選手権大会は22日、阪神甲子園球場で第9日を迎え、第1試合で明徳義塾(高知)と明桜(秋田)が対戦。3投手から効果的に得点を奪った明徳義塾が8-2で勝利し、3回戦に進んだ。

 明桜・風間球打、明徳義塾・代木大和と注目投手同士の投げ合いで試合開始。先制したのは、明桜だった。2回、先頭の真柴育夢が死球で出塁すると、二盗成功と悪送球の間に三塁へ進塁。石田恋のタイムリーツーベースで1点を先行した。
 
 しかし、明徳義塾は直後の3回、2死一、二塁から初戦でサヨナラ打を放った森松幸亮の内野安打で二塁走者が一気に生還し、同点。さらに5回には、森松のライトへのタイムリーヒットで逆転に成功した。
 
 対する明桜は、その裏、二塁打と四球で無死一、二塁とすると、明徳義塾が代木から変則左腕・吉村優聖歩にスイッチ。その後、上山優和の安打で満塁としたが、後続が三飛とスクイズ失敗のダブルプレーとなり、粘投する風間を援護できない。
 
 明桜・風間は、球数139球を要したが、6回を投げ切り、7回からは遊撃のポジションを務めていた石田一斗がマウンドへ。明徳義塾は、石田の代わり橋を攻める。3四球で1死満塁の局面を迎えると、スクイズは失敗するも、投球がやや逸れる間にホームスチールで追加点。さらに、山蔭一颯の2点タイムリーでリードを広げた。
 
 明桜は、8回に安打と四球、犠打で1死二、三塁とし、内野ゴロの間に1点を返したが、明徳義塾は9回、左腕・栗城蓮から加藤愛己の三塁線を破るタイムリーツーベース、相手のエラーもあって3得点。最後は、5回途中からマウンドを守る吉村が、無失点で試合を締めた。
 
 勝利した明徳義塾の次戦は、25日・第2試合で松商学園(長野)と対戦予定だ。
 
【夏の甲子園2021】第103回全国高校野球選手権大会 試合日程スケジュール トーナメント表(対戦組み合わせ)一覧






  • 記者募集