データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【結果速報】日大山形、2投手の継投で逃げ切り3回戦進出 浦和学院は驚異の粘り見せるも一歩及ばず(8日目・第2試合)夏の甲子園【全国高校野球2021】

2021/08/21

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<8日目 第2試合 2回戦 ●浦和学院 3ー4 日大山形○>(21日、阪神甲子園球場)
 

 
 第103回全国高等学校野球選手権大会は21日、阪神甲子園球場で第8日を迎え、第2試合で浦和学院(埼玉)と日大山形(山形)が対戦。日大山形が4-3で1点差の好ゲームを制し、3回戦進出を決めた。

 日大山形は、エースの斎藤堅史、浦和学院は背番号「6」の吉田匠吾が先発。試合は、初回から大きく動いた。先攻の浦和学院は、2死から安打の走者を出し、4番を打つ吉田瑞樹のセンターフェンスに直撃する適時二塁打、続く藤井一輝のセンターオーバーの適時三塁打で2点を先制。しかし、日大山形はその裏、四球と犠打で1死二塁とすると、佐藤拓斗の適時二塁打、塩野叶人の適時打ですぐさま同点に追いついた。
 
 日大山形は、さらに3回、浦和学院の2番手・芳野大輝に対し、振り逃げと捕手の悪送球が重なって無死二塁とすると、佐藤が2打席連続となる適時二塁打で逆転。さらに、梅津康生にも適時打が生まれ、投手の代わり端を捉えてリードを奪った。
 
 その後は、一転して投手戦の様相に。浦和学院は、3回途中からマウンドに上がった金田優太、7回途中に後を受けた2年生エース宮城誇南が好投。日大山形は、斎藤が5回を投げ終え、6回からは滝口琉偉が2イニングを無失点投球で抑えた。
 
 浦和学院は8回、先頭の吉田瑞が安打を放ち、中堅手が打球を後逸する間に三塁へ。藤井は浅めの右飛となったが、吉田が本塁を陥れ、犠飛で反撃の得点を挙げた。
 
 1点差の9回、後がない浦和学院は、2死満塁の絶好機を作るも決定打を出せず。最後まで粘りを見せたが、あと一歩及ばなかった。
 
 勝利した日大山形の次戦は、24日・第4試合で石見智翠館(島根)と対戦予定だ。
 
【夏の甲子園2021】第103回全国高校野球選手権大会 試合日程スケジュール トーナメント表(対戦組み合わせ)一覧






  • 記者募集