データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【結果速報】石見智翠館、弘前学院聖愛との大接戦制し3回戦へ。宮本赳希が値千金の決勝2ラン(8日目・第1試合)夏の甲子園【全国高校野球2021】

2021/08/21

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<8日目 第1試合 2回戦 ●弘前学院聖愛 3ー4 石見智翠館○>(21日、阪神甲子園球場)
 

 
 第103回全国高等学校野球選手権大会は21日、阪神甲子園球場で第8日を迎え、第1試合で石見智翠館(島根)と弘前学院聖愛(青森)が対戦。緊迫した接戦となったが、石見智翠館が4-3で粘る弘前学院聖愛を振り切り、3回戦に駒を進めた。

 試合は、初回から動きを見せた。先攻の弘前学院聖愛は、1死から連打で一、三塁とすると、遊ゴロの間に先制。さらに、長利斗真が適時二塁打を放ち、島根県大会決勝で無安打無得点試合(ノーヒットノーラン)を達成した石見智翠館のエース・山崎琢磨の立ち上がりを捉えた。
 
 対する石見智翠館は、その裏の1死満塁のチャンスを逸した。しかし3回、安打と四球、進塁打で1死二、三塁とすると、上翔曳が同点適時二塁打。弘前学院聖愛のエース・葛西倖生に対して4番の一打が飛び出し、試合を振り差しに戻した。
 
 その後は、両投手が粘りの投球を見せ、試合は膠着状態に。終盤まで同点の展開が続いた。
 
 次の得点を挙げたのは、石見智翠館だった。8回、安打と犠打で1死二塁とし、打席には5番に入った宮本赳希。宮本は、変化球を上手くすくうと、打球はそのままレフトスタンドへ。値千金の2ランでこの試合初めてリードを奪った。
 
 9回、後がない弘前学院聖愛だったが、連打で1死一、二塁の局面を迎え、代打・佐藤雄心の適時打で1点差に。しかし、後続が併殺打に倒れ、反撃は惜しくも及ばなかった。
 
 勝利した石見智翠館の次戦は、24日・第4試合でこの後行われる浦和学院(埼玉)VS日大山形(山形)の勝者と対戦予定だ。
 
【夏の甲子園2021】第103回全国高校野球選手権大会 試合日程スケジュール トーナメント表(対戦組み合わせ)一覧






  • 記者募集