データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【結果速報】三重高校、2年生エース上山颯太が完封勝利で3回戦へ。樟南は西田恒河が粘投も一歩及ばず(7日目・第3試合)夏の甲子園【全国高校野球2021】

2021/08/20

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<7日目 第3試合 2回戦 ○三重 2ー0 樟南●>(20日、阪神甲子園球場)
 

 
 第103回全国高等学校野球選手権大会は20日、阪神甲子園球場で第7日を迎え、第3試合で三重(三重)と樟南(鹿児島)が対戦。投手の好投が際立つ接戦となったが、三重が2-0で試合を制し、3回戦に駒を進めた。

 樟南の先発・西田恒河は、初回、先頭にいきなり三塁打を打たれたが、後続を断って無失点とした。対する三重の先発・上山颯太も、2死から自らの失策で得点圏に走者を背負い、次打者に安打を許したが、左翼手・原田俊輔の好返球で本塁タッチアウト。味方の守備に救われ、ピンチを脱した。
 
 すると、三重は直後の2回、好守備を見せた先頭の原田が、二塁打でチャンスメイク。続く品川侑生の安打で一、三塁とし、宝田裕椰の犠飛で先制点を挙げた。
 
 三重は、さらに4回、安打と犠打で2死二塁とし、好投を続ける上山が適時打を放ち、自らのバットで追加点を奪った。
 
 三重の上山は、スコアリングポジションに走者を背負う場面も多かったが、決定打を許さず。樟南の西田も粘りの投球を続け、5回以降は得点を与えない。
 
 三重2点リードで迎えた9回も、2年生エース上山がマウンドへ。最後まで丁寧な投球を続け、今夏初完投初完封勝利を飾った。
 
 勝利した三重の次戦は、24日・第3試合で、この後行われる日本文理(新潟)VS敦賀気比(福井)の勝者と対戦予定だ。
 
【夏の甲子園2021】第103回全国高校野球選手権大会 試合日程スケジュール トーナメント表(対戦組み合わせ)一覧






  • 記者募集