データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【結果速報】沖縄尚学、阿南光を圧倒し2回戦進出 エース左腕・當山渚が2安打12K完封勝利(4日目・第3試合)夏の甲子園【全国高校野球2021】

2021/08/16

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<4日目 第3試合 1回戦 ●阿南光 0ー8 沖縄尚学○>(16日、阪神甲子園球場)
 

 
 第103回全国高等学校野球選手権大会は16日、阪神甲子園球場で第4日を迎え、第3試合で阿南光(徳島)と沖縄尚学(沖縄)が対戦。投打で圧倒した沖縄尚学が8-0で勝利し、2回戦進出を決めた。

 沖縄尚学・當山渚、阿南光・森山暁生の両エース左腕の先発で試合開始。沖縄尚学は初回、2死から3番・仲宗根皐が四球で出塁すると、4番・知念大河、5番・長浜諒の連続適時二塁打が飛び出し、クリーンアップで2点を先制した。さらに2回も、2死一、三塁の局面を迎え、2番・下地泰世のライトへの適時打でリードを広げた。
 
 沖縄尚学・當山は、5回まで阿南光打線に二塁すら踏ませず。一方の阿南光・森山は、序盤に3点は失ったものの、その後は5回まで粘りの投球を見せた。
 
 沖縄尚学は、6回、1死満塁のチャンスを作り、内野ゴロの間に待望の追加点を挙げると、7回は、8番・前盛魁来の適時三塁打などで2得点。8回にも4番・知念の左中間を破る適時二塁打などで同じくダメ押しの2点を奪った。
 
 8点差で迎えた最終回、快投を続ける沖縄尚学・當山は、5回以降は1人の走者も許さないパーフェクトピッチング。9回も三者凡退に切って取り、球数116球、2安打12奪三振完封勝利を飾った。
 
 勝利した沖縄尚学の次戦は、21日・第1試合で鹿島学園(茨城)と盛岡大付(岩手)の勝者と対戦予定となっている。
 
【夏の甲子園2021】第103回全国高校野球選手権大会 試合日程スケジュール トーナメント表(対戦組み合わせ)一覧






  • 記者募集