データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【結果速報】専大松戸、選抜準優勝の明豊破り甲子園初勝利 プロ注目右腕・深沢鳳介が圧巻の11K完封勝利(4日目・第2試合)夏の甲子園【全国高校野球2021】

2021/08/16

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<4日目 第2試合 1回戦 ○専大松戸 6ー0 明豊●>(16日、阪神甲子園球場)
 

 
 第103回全国高等学校野球選手権大会は16日、阪神甲子園球場で第4日を迎え、第2試合で専大松戸(千葉)と明豊(大分)が対戦。投打の噛み合った専大松戸が6-0でセンバツ準優勝校の明豊を破り、春夏通じて甲子園初勝利を挙げた。

 専大松戸は深沢鳳介、明豊は京本真とともに背番号「1」の右腕が先発。専大松戸は初回、1死から2番・苅部力翔が三塁打でチャンスメイクを見せ、ワイルドピッチで先制した。さらに四球と安打で一、三塁とすると、果敢にダブルスチールを敢行。これが見事に成功し、機動力で2点目を奪った。
 
 専大松戸は、さらに4回、2死三塁の局面で1番・吉岡道泰のライトへ適時打を放つと、5回には、明豊の2番手・財原光優の代わり端を攻め、5番・大森駿太朗の適時打でリードを広げた。
 
 専大松戸・深沢は、3回無死一、二塁の場面で3者連続三振斬り。5回には2死満塁のピンチを背負ったが、決定打を打たせず。センバツ準優勝校の明豊相手に圧巻の投球を続けた。
 
 専大松戸打線は、終盤に入った7回、この回からマウンドに上がった明豊の3番手・太田虎次朗に対して4番・奥田和尉の安打と二盗、犠打で三塁に走者を置き、6番・山口颯大の犠飛でさらなる追加点を挙げた。
 
 得点の欲しい明豊は、8回、相手の失策で無死二塁の局面を迎えるも、3番・宮崎元哉、4番・米田友が連続三振、二塁走者の三盗失敗でチャンスを逸した。
 
 専大松戸は、8回裏にもセーフティースクイズで1点を追加。6点差で迎えた9回も深沢が明豊打線を無失点に抑え、136球を投じる熱投で11奪三振完封勝利を飾った。
 
 勝利した専大松戸の2回戦は、20日・第4試合で長崎商(長崎)と対戦予定となっている。
 
【夏の甲子園2021】第103回全国高校野球選手権大会 試合日程スケジュール トーナメント表(対戦組み合わせ)一覧






  • 記者募集