データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【結果速報】長崎商業、熊本工業降し2回戦へ。13安打8得点の猛攻で追撃かわす(4日目・第1試合)夏の甲子園【全国高校野球2021】

2021/08/16

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<4日目 第1試合 1回戦 ○長崎商 8ー4 熊本工●>(16日、阪神甲子園球場)
 

 
 第103回全国高等学校野球選手権大会は16日、阪神甲子園球場で第4日を迎え、第1試合で長崎商(長崎)と熊本工(熊本)が対戦。13安打8得点の猛攻を見せた長崎商が8-4で勝利し、2回戦に駒を進めた。

 長崎商・城戸悠希、熊本工・吉永粋真の両エースが先発。試合は、初回から点の取り合いとなった。先攻の熊本工は、先頭の1番・古閑健太郎がいきなり三塁打でチャンスメイクを見せると、2番・前高翔太の適時打で幸先良く先制。続くチャンスで4番・増見優吏の適時打で2点目を奪った。リードを許した長崎商だったが、その裏、四球と犠打で1死二塁とし、3番・大町航太の適時打でまずは1点を返すと、なおも2死一、三塁から6番・松井心助、7番・鬼塚陸人の連続適時打で早くも試合をひっくり返した。
 
 熊本工は、3回に5番・原田啓佑の適時打で再びリードを奪ったが、長崎商はその裏、6番・松井の適時打、2死満塁から1番・大坪迅の2点適時打で逆転。続く4回には、4番・宮城伊吹、7番・鬼塚陸人にも適時打が飛び出し、リードを5点に広げた。
 
 点差を縮めていきたい熊本工は7回、長崎商の2番手・田村琉登から4番・増見のこの日2本目となる適時打で1点を返すと、8回には2死満塁のチャンス。しかし3番・宮田宗慶は惜しくも投ゴロに倒れ、この回は無得点に終わった。後がない9回の攻撃も、走者を出すも得点は奪えず、勝敗が決した。
 
 勝利した長崎商の次戦は、20日・第4試合で専大松戸(千葉)と明豊(大分)の勝者と対戦予定となっている。
 
【夏の甲子園2021】第103回全国高校野球選手権大会 試合日程スケジュール トーナメント表(対戦組み合わせ)一覧






  • 記者募集