データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【結果速報】明桜、帯広農業との3日ぶり再戦制す プロ注目右腕・風間球打が2桁10K完投勝利(3日目・第1試合)夏の甲子園【全国高校野球2021】

2021/08/15

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<3日目 第1試合 1回戦 ●帯広農 2ー4 明桜○>(15日、阪神甲子園球場)
 

 
 第103回全国高等学校野球選手権大会は15日、3日連続の雨天順延を経て、阪神甲子園球場で第3日を迎え、第1試合で帯広農(北北海道)と明桜(秋田)が対戦。3日ぶりの再試合は、明桜が4-2で接戦をものにし、2回戦へ進んだ。

 この日も明桜が、初回から先制攻撃を見せる。1死から2番・土居健太の内野安打と連続四球で満塁とし、5番・福溜洸太朗の犠飛で1点を先行した。
 
 前回は、明桜のプロ注目右腕・風間球打の前に無安打に抑え込まれた帯広農だったが、3回、四球と安打で1死一、二塁の場面を作り、2番・清水椋太の適時二塁打で同点。さらに4回には、風間の制球の乱れにつけこんで1死三塁とし、8番・佐藤敦基の適時二塁打でリードを奪った。
 
 2回以降は、帯広農・佐藤大海に打ち取られていた明桜打線は、5回、2死一、三塁から3番・石田一斗の適時打で追いつくと、なおも二、三塁とし、4番・真柴育夢の2点適時打で勝ち越しに成功した。
 
 再びビハインドとなった帯広農は、その後もチャンスを作ったが、明桜の好守もあって決定打を出せず。風間は粘りの投球を続け、10奪三振2失点で完投勝利を飾った。
 
 勝利した明桜の次戦は、20日・第3試合で県岐阜商(岐阜)と明徳義塾(高知)の勝者と対戦予定だ。
 
【夏の甲子園2021】第103回全国高校野球選手権大会 試合日程スケジュール トーナメント表(対戦組み合わせ)一覧






  • 記者募集