データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【結果速報】神戸国際大付属、北海のリベンジ許さず2回戦へ。出場3大会連続初戦で激突、すべて1点差で勝利掴む(3日目・第3試合)夏の甲子園【全国高校野球2021】

2021/08/15

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<3日目 第3試合 1回戦 ○神戸国際大付 2ー1 北海●>(15日、阪神甲子園球場)
 

 
 第103回全国高等学校野球選手権大会は15日、3日連続の雨天順延を経て、阪神甲子園球場で第3日を迎え、第3試合で神戸国際大付(兵庫)と北海(南北海道)が対戦。1点を争う好ゲームとなったが、神戸国際大付が2-1で勝利を掴み、2回戦に駒を進めた。

 出場3大会連続初戦で激突することとなった因縁の対決。過去2戦は1点差で神戸国際大付に軍配が上がっており、開幕戦を戦った今春のセンバツでは、延長10回にサヨナラ勝ちを収めた。
 
 先制したのは、迎え撃つ神戸国際大付だった。2回、北海のプロ注目左腕・木村大成から先頭の7番・栗原琉晟が二塁打、7番・岡田悠作が意表をつくセーフティーバントで無死一、三塁とすると、9番・川西琉成のスクイズで先制。さらにチャンスは続き、2番・山里宝の適時二塁打で2点を先行した。
 
 リベンジに燃える北海は5回、背番号「9」で神戸国際大付の主戦を担う阪上翔也から1死一、二塁のチャンスを作ると、1番・山田堅真の三塁へのゴロのバウンドが変わり、打球が外野に転がる間に二塁走者が生還。適時内野安打で1点を返した。
 
 神戸国際大付は、6回から背番号「1」の2年生左腕・楠本晴紀にスイッチ。北海は木村が続投し、ともにピンチを背負うも要所を締めて1点差のまま最終回の攻防へ。後がない北海だったが、9回裏もマウンドの楠本を打ち崩せず、惜しくも雪辱は果たせなかった。
 
 勝利した神戸国際大付の次戦は、20日・第4試合で小松大谷(石川)と高川学園(山口)の勝者と対戦予定だ。
 
【夏の甲子園2021】第103回全国高校野球選手権大会 試合日程スケジュール トーナメント表(対戦組み合わせ)一覧






  • 記者募集