データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【結果速報】明徳義塾、県岐阜商をサヨナラで降し2回戦進出 3番・森松幸亮がセンターオーバーの殊勲打(3日目・第2試合)夏の甲子園【全国高校野球2021】

2021/08/15

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<3日目 第2試合 1回戦 ●県岐阜商 2ー3× 明徳義塾○>(15日、阪神甲子園球場)
 

 
 第103回全国高等学校野球選手権大会は15日、3日連続の雨天順延を経て、阪神甲子園球場で第3日を迎え、第2試合で県岐阜商(岐阜)と明徳義塾(高知)が対戦。ロースコアの接戦の末、明徳義塾が3-2でサヨナラ勝利を収め、2回戦進出を決めた。

 同対戦カードは、県岐阜商の鍛治舍巧監督、明徳義塾の馬淵史郎監督と高校野球を代表する名将同士の激突でも注目された。試合は、明徳義塾・代木大和、県岐阜商・野崎慎裕の両エース左腕が投手戦を展開。ともにピンチを迎えたイニングもあったが、5回までスコアボードにゼロを並べた。
 
 試合が動いたのは、グランド整備後の6回だった。県岐阜商は先頭の2番・梅村豪が死球で出塁。続く3番・松野匠馬に適時三塁打が飛び出し、先制点を挙げた。なおも無死三塁の場面で、明徳義塾は2番手・吉村優聖歩にスイッチ。吉村は完璧なリリーフで後続を断ち、追加点を許さない。
 
 すると明徳義塾はその裏、1死から3番・森松幸亮が左翼への二塁打でチャンスメイク。続く4番・加藤愛己の右中間を破る適時三塁打で同点とすると、5番・代木がきっちりと犠飛を放ち、逆転に成功した。
 
 しかし県岐阜商は8回、無死から安打と犠打でスコアリングポジションに走者を置き、前打席で先制の適時三塁打を記録した3番・松野が、今度はライトへ適時打を放ち、同点に追いついた。
 
 同点のまま迎えた最終回、明徳義塾は9回表を無失点に抑えると、その裏、7回からマウンドに上がった県岐阜商の2番手・小西彩翔に対して安打と犠打で2死二塁とサヨナラのチャンス。打席の3番・森松幸亮の打球はセンターの頭上を越え、試合を決めた。
 
 勝利した明徳義塾の次戦は、20日・第3試合で明桜(秋田)と対戦予定だ。
 
【夏の甲子園2021】第103回全国高校野球選手権大会 試合日程スケジュール トーナメント表(対戦組み合わせ)一覧






  • 記者募集