データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【結果速報】横浜、劇的サヨナラで広島新庄降す 1年生の1番・緒方漣が逆転サヨナラ3ラン(2日目・第2試合)夏の甲子園【全国高校野球2021】

2021/08/11

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<2日目 第2試合 1回戦 ●広島新庄 2ー3× 横浜○>(11日、阪神甲子園球場)
 

 
 第103回全国高等学校野球選手権大会は11日、阪神甲子園球場で第2日を迎え、第2試合で広島新庄(広島)と横浜(神奈川)が対戦。横浜が3-2で劇的なサヨナラ勝ちを収め、2回戦に進んだ。

 横浜の先発マウンドには、背番号「5」の宮田知弥が上がり、3回まで走者を許さない完璧な投球。対する広島新庄の先発・花田侑樹は、走者を背負うも要所を締め、スコアレスの展開が続いた。
 
 試合が動いたのは、5回、広島新庄は2死二塁と得点圏に走者を置いた場面で、8番でスタメン起用の1年生・河野優輝にセンター前に落ちる適時打が飛び出し、先取点を奪った。
 
 その後も投手戦の様相を呈し、1点差のまま最終回の攻防へ。広島新庄は、この回からマウンドに上がった1年生左腕・杉山遥希に対し、無死一、三塁から3番・平田龍輝の適時打で追加点。しかし、後がない横浜は、9回、2死一、三塁の場面を作り、広島新庄の3番手・秋山恭平から1年生の1番・緒方漣が左翼スタンドへサヨナラ3ラン本塁打を放ち、劇的な結末で勝負を決めた。
 
 勝利した横浜の次戦は、17日・第1試合で智弁学園(奈良)と対戦予定だ。
 
【夏の甲子園2021】第103回全国高校野球選手権大会 試合日程スケジュール トーナメント表(対戦組み合わせ)一覧






  • 記者募集