データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【結果速報】夏初出場の新田、静岡を破り2回戦へ。2年生エース・向井駿貴が2失点完投(1日目・第2試合)夏の甲子園1回戦【全国高校野球2021】

2021/08/10

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<1日目 第2試合 1回戦 ○新田 4ー2 静岡●>(10日、阪神甲子園球場)
 

 
 第103回全国高等学校野球選手権大会は10日、阪神甲子園球場で第1日を迎え、第2試合で新田(愛媛)と静岡(静岡)が対戦。夏の甲子園初出場の新田が、4-2で静岡を破り、2回戦に駒を進めた。

 先制したのは、新田。2回、2本の安打などで1死一、三塁のチャンスを作ると、8番・向井駿貴の右翼への適時打で1点を先行した。
 
 対する静岡も3回、2死二塁から1番・渋谷泰生の三遊間を破る安打で二塁走者が本塁を狙ったが、新田の左翼手・池田惟音の好返球で無得点に終わった。
 
 その後も静岡の3年生エース・高須大雅、新田の2年生エース・向井駿貴の投げ合いが続いたが、6回、新田は2死ながら三塁に走者を進め、9番・山内欣也がショートの頭上を越える適時打を放ち、貴重な追加点を奪った。
 
 しかし静岡は、7回、ついに新田・向井をとらえる。1死一、三塁から、捕手からの三塁牽制の送球が逸れて1点差とすると、打席の8番・山本和輝の適時打で一気に同点とした。なおも次打者は、センターへ大飛球。しかし、この打球を新田の中堅手・長谷川聖天が背走でダイビングキャッチし、飛び出した一塁走者も刺して併殺とするビッグプレーを見せた。
 
 同点に追いつかれた新田だったが、直後の8回、静岡の2番手・鈴木脩矢を攻め、1死満塁の絶好機を作ると、2番・入山雄太の一塁線を破る適時二塁打が飛び出し、すぐさま2点を勝ち越した。
 
 2点差のまま迎えた9回、後がない静岡だったが、新田・向井が最後まで丁寧な投球で三者凡退とし、完投勝利を飾った。
 
勝利した新田の次戦は、16日・第3試合で東明館(佐賀)ー日本航空(山梨)の勝者と対戦予定だ。
 
【夏の甲子園2021】第103回全国高校野球選手権大会 試合日程スケジュール トーナメント表(対戦組み合わせ)一覧






  • 記者募集