データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【結果速報】日大山形、開幕戦制し2回戦進出 米子東は最終回に猛攻も及ばず(1日目・第1試合)夏の甲子園1回戦【全国高校野球2021】

2021/08/10

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



<1日目 第1試合 1回戦 ●米子東 1ー4 日大山形○>(10日、阪神甲子園球場)
 

 
 第103回全国高等学校野球選手権大会は10日、阪神甲子園球場で第1日を迎え、開幕戦となった第1試合で米子東(鳥取)と日大山形(山形)が対戦。日大山形が4-1で粘る米子東を振り切り、2回戦進出を決めた。

 日大山形・斎藤堅史、米子東・舩木佑の両エースが先発した同試合は、初回から動きを見せた。先攻の米子東は、安打と四球、失策も重なり2死満塁のチャンスを作るも、無得点。対する日大山形は、2番・新田大樹の四球と二盗で1死二塁とすると、3番・佐藤拓斗の二遊間を破る適時打で日大山形が先制した。
 
 日大山形は、さらに3回、2死から2番・新田が安打で出塁すると、3番・佐藤が左翼フェンス直撃の二塁打を放ち、一気に生還。続く4番・伊藤翔海にも適時打が飛び出し、2点を追加した。
 
 米子東は、5、6、7回と得点圏に走者を置くなどチャンスは作るものの、決定打を出せず。日大山形は6回、前のイニングからマウンドに上がった米子東・藪本鉄平に対し、2死二塁から好投を続ける8番・斎藤が自らの適時打でリードを広げた。
 
 4点差のまま迎えた9回、後がない米子東だったが、6番からの3連打で1点を返すと、なおも無死満塁となったところで、日大山形は2番手・滝口琉偉にスイッチ。滝口は、このピンチを三者連続三振で切り抜け、勝利を手にした。
 
 勝利した日大山形の次戦は、16日・第2試合で浦和学院(埼玉)と対戦予定だ。
 
【夏の甲子園2021】第103回全国高校野球選手権大会 試合日程スケジュール トーナメント表(対戦組み合わせ)一覧






  • 記者募集