データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




「アピールしたかった」ドラ3ルーキー江越、藤浪の力投にこたえる貴重な一発

24日、甲子園で阪神対DeNAの試合が行われ、阪神が3-0で勝利した。

2015/07/25

text By

タグ: , , , , , , , ,



MSD_koshien_010

 24日、甲子園で阪神対DeNAの試合が行われ、阪神が江越の2試合連続となる本塁打で2点を先制すると、エース・藤浪がDeNA打線を完封し、3-0で阪神が勝利した。阪神はおよそ1カ月ぶりの3連勝で貯金を1とし、首位を守った。DeNAは今季3度目の4連敗で今季最多タイの借金4となった。

プロ入り自身最多152球の熱投

 最後の打者をライトフライに抑えると、笑顔を見せ右手でグラブを叩いた。阪神の3年目、藤浪が今季2度目の完封勝利を収めた。「まっすぐが良く、ピッチングが楽になった」の言葉通り、いつも以上に直球に威力があった。自己最速の158kmには届かずも、157kmを連発。9回にも153kmを計測するなど、とことん直球で押した。

 ピンチもあった。
 3回、自身のフィールディングミスなどもあり二死満塁でバッターは3番梶谷。ここも直球で押し切り、最後はカットボールでセカンドゴロに抑えた。勝負所で低めに制球されたボールにDeNA打線は長打を放つことができなかった。

 結局、藤浪は最後までマウンドに立ち続け、9回被安打5、12奪三振、プロ入り自身最多となる152球の内容。8勝目を完封で飾った。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@