データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




体がシャープに、キレ取り戻した中島 いよいよ復活の狼煙か?【どら増田のオリ熱コラム #35】

右大腿裏の肉離れで戦線離脱していたオリックス・中島が一軍復帰を果たした。中島の復帰で強力打線は厚みを取り戻し、さらにキャプテン糸井の負担も軽減するはずだ。

2015/05/12

text By

photo

ベースボールチャンネル編集部

タグ: , , , ,



なかじ(ロゴ入り)

中島がチャンスメイク

「中島痩せたよね?」

 京セラドームに詰めかけたファンやテレビ観戦をしているファンからはこのような言葉が多く聞かれた。先月19日の試合中、右大腿裏の肉離れにより戦線離脱。6日の2軍戦で実戦復帰後即、4連敗中の一軍に招集、出場選手登録された。

 復帰後の試合結果と、中島、カラバイヨの成績は以下の通りだ。

【5月8日 対北海道日本ハム 3-8】
チーム 9安打

中島 4打数2安打
カラバイヨ 4打数2安打/1本塁打/2打点

【5月9日 対北海道日本ハム 8-2】
チーム 10安打

中島 3打数2安打/2二塁打
カラバイヨ 4打数2安打/1本塁打/2打点

【5月10日 対北海道日本ハム 6-1】
チーム 13安打

中島 3打数2安打/1打点
カラバイヨ 4打数2安打/1本塁打/1打点

 中島と一緒に昇格したブランコは、9日にこれぞブランコと言える迫力満点なホームランをバックスクリーン横に叩き込んでいたが、他の2日間は無安打と2軍での試合同様ムラがある。実戦感覚が戻るまではもう少し時間がかかりそうだ。

 一方の中島は9日、初回にセンターオーバー、5回にライト線のツーベースを二本放ち、いずれも後続のタイムリーでホームを踏んだ。ヒーローインタビューには選ばれなかったものの、上記の成績通り打率.600と大暴れしており、9日にオリックスが苦手な上沢に土をつけたことで、翌日もチームに勢いがついたのは言うまでもない。

 中島は開幕からしばらくは安定の4打数1安打とファンからささやかれたりもした。
 4月8日まで.250をキープしていたが、9日にノーヒットになると、12日の楽天戦で2安打を放つも、16日のソフトバンク戦では.203まで打率を落としてしまう。

 そして18、19日にほっともっとフィールド神戸で行われたブルーウェーブ復刻「がんばろうKOBE」2日目の第1打席でショートゴロを全力疾走して内野安打にした際、肉離れを起こし戦線離脱。6日の2軍戦でも守備や走塁に不安を感じる場面が見受けられていたが、森脇監督は中島を迷うことなく一軍に上げ、サードのスタメンで起用した。

 しかし復帰した中島を見ると体が少しシャープになったように感じるし、動きのキレも、すごく良くなった印象が強い。事実、打率も.262まで戻してきた。現在ホームラン量産中のカラバイヨの前後に復活した中島とブランコ、今月調子を上げている竹原やT-岡田、さらに糸井までいるのだから、やはり猛牛打線が機能したら他球団にとっては驚異である。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@