データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




独自ポイント集計で見るセリーグのMVPは、広島・ジョンソン【広尾晃の「ネタになる記録ばなし」】

ブログ「野球の記録で話したい」を運営中で『プロ野球解説者を解説する』(イーストプレス刊)の著者でもある広尾晃氏。当WEBサイトでは、MLBとNPBの記録をテーマに、週2回、野球ファンがいつもと違う視点で野球を楽しめるコラムを提供していく。今回は、記録から2016年のセリーグMVPを占う。

2016/10/05

text By

タグ: , , , ,



c42jhonson

総合的に高い数値を残した鈴木誠也

 セリーグの全日程が終了した。タイトルも決定した。
 MVPの発表は日本シリーズの後に行われるが、ペナントレースの成績をもとに選考される。
 記録から見て、今季のMVPを占いたい。

 野手、先発投手、救援投手の成績を同列で比較するために、各分野の主要記録のランキングをし、1位を10ポイントとし、その上位からポイントを割り振っていく。

 MVPは、ペナントレース優勝チームの選手から選ばれることが多い。優勝への貢献は別にカウントすべきだ。優勝チーム広島の選手には別個に5ポイント加点する(他の項目でポイントを得られなかった選手には加点せず)。

 まずは打者から見てみよう。

 300打席以上の選手を対象とした。
 安打、本塁打、打点、盗塁、打率の上位10人にポイントを与えた。さらに優勝ポイント。

cats1

 トップは鈴木誠也、5つの部門すべてでランキング入りし、優勝ポイントも加えた。
 山田、筒香、坂本というタイトルホルダーがこれに続き、そのあとは菊池、丸の広島勢がランクインしている。
 今年の広島打線は強力だったが、筒香や山田のような突出した強打者がいたわけではなく、打線全体のレベルが高かったことがよくわかる。

【次ページ】ジョンソンの安定感

スポンサードリンク

1 2

shiro





@