データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




角中、又吉ら歴代ベストナインを発表した四国IL~独立リーグからプロ入りした選手たち

2005年のスタートから今季で10年目を迎えた独立リーグ・四国アイランドリーグplus(以下、四国IL)。これまでに約40人の選手をNPBへと送り出し、その一方でNPBを戦力外となった選手の受け皿となってきた。日本球界で独特の存在感を示す四国ILにおいて、そこから巣立って大きく羽ばたいた選手や、NPB復帰を目指すベテランたちの足跡を振り返る。

2014/12/14

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



172309757

四国IL出身者の出世頭はロッテの角中勝也

 12月13日、設立から10周年を迎えた四国アイランドリーグplus(以下、四国IL)は、高松市内のホテルで『SHIKOKU ISLAND LEAGUE PLUS 10th ANNIVERSARY』を開催。鍵山誠CEOによる「アイランドリーグ新構想」のプレゼンテーションや、四国IL出身で現在、中日で活躍する又吉克樹投手のインタビューなどが催された。

 式典の目玉企画として行われたのが、「あなたが選ぶ四国アイランドリーグplus10周年歴代ベストナイン」。四国ILが選出した候補選手の中から、インターネットによるファン投票で選ばれた歴代ベストナインが発表された。

 捕手は現在ヤクルト所属の星野雄大(香川オリーブガイナーズ)、一塁手は楽天に在籍していた丈武(香川)、二塁手には西武に所属する水口大地(長崎セインツ→香川)などがベストナインに選ばれ、10周年式典に華を添えた。

 ちなみに四国ILは、10年間で約750人の選手を受け入れ、このうち45人がNPBに進んでいる。

 こうした数字を改めて見ると、四国ILは、何らかの理由でアマチュアから直接のNPB入りを逃した選手たちの受け皿となり、そこで結果を残した一部の選手がプロ入りを果たすなど、日本球界における役割や存在意義が浮き彫りになってくる。

 四国IL出身のNPB選手のなかで、出世頭といえるのが、ロッテの角中勝也だろう。

 2012年以降の3シーズン、ロッテ外野手の不動のレギュラーとなった左打者は、2006年に高知ファイティングドッグスに所属。チームへの在籍が1シーズンだったことや、数字的に目立つ成績を残せなかったこともあり、ベストナインの候補には選出されなかったが持ち前の打撃センスを評価され、同年の大学生・社会人ドラフトにおいてロッテから7巡目で指名を受けて、念願のプロ入りを果たした。

 その能力の高さはルーキー時代から群を抜いていた。プロ入り1年目の2007年、グッドウィルドーム(現・西武ドーム)で行われた西武との二軍戦。この日は一軍との〝親子ゲーム〟ということもあり、若手選手の状態をチェックするために、当時の西武の首脳陣がドームの記者席に顔を揃えていた。

 こうした状況下で、西武首脳陣の目を一際引いたのが角中だった。このゲームにスタメンとして出場していた角中は、見事なバットコントロールを披露。「この角中っていう選手はいいですねえ」という感嘆が入り混じった言葉が、コーチ陣から漏れ出ていたほどだった。

 それから間もなく、角中は一軍に昇格。2011年シーズンまでは一軍に定着できなかったが、前述した通り、2012年以降は外野のレギュラーを獲得。スタメン定着1年目の2012年には首位打者(打率.312)に輝き、翌年のWBC日本代表に選出されるなど、大ブレイクを果たした。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@