データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





中日田島、開幕から27試合無失点記録を更新。藤川球児の記録に迫れるか?

中日の田島慎二が、開幕からの連続無失点記録を27とし、NPB記録を更新した。

2016/05/22

text By

タグ: , , , , ,



今季はフォーム改良で安定感抜群

 中日の田島慎二が、開幕からの連続無失点記録を27とし、NPB記録を更新した。
 田島は中部大学第一高校、東海学園大学を経て2011年にドラフト3位で中日に入団。

 2012年、新人ながらセットアッパーとして活躍。56試合に登板して5勝3敗30ホールドを記録した。防御率1.15と安定感抜群だった。オールスターにも出場している。

 以後もリリーフ投手として常時一軍でマウンドに上がったが、2年目(50試合5勝10敗、防御率4.76)、3年目(3勝5敗、防御率5.12)と下落。特に与四球が増えて低迷した。

 しかし2015年に投球フォームを改良すると、制球力が改善。
 4勝6敗ながらも防御率は2.28と持ち直し、成績が向上した。

 田島は3年目までセーブ数が0だった。しかし2015年の7月11日の広島戦で初セーブを記録するとこの年は9セーブ。一時期、福谷浩司に代わってクローザーも任された。

 今季の27試合連続無失点記録の期間中の成績だ。

・27試合25.2回19被安打11与四球25奪三振2勝1S 13H 防御率0.00

 記録達成の5月21日は久々のセーブを記録。以後はまた福谷浩司に代わってクローザーとして起用される予定だ。