データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




際立つソフトバンクの好走塁――常勝西武時代を彷彿させる秋山野球

日本シリーズは昨日、中村の劇的なサヨナラホームランでソフトバンクが日本一に王手をかけた。とりわけこの2戦、ホークスの走塁が光っている。

2014/10/30

text By

タグ: , ,



PIC0001D7

ソフトバンクの好走塁が得点へ

 中村晃の劇的サヨナラ3ランで3年ぶりの日本一に王手をかけたソフトバンク。阪神相手に好投した武田翔太や大隣憲司、勝負強いバッティングを見せる内川聖一や李大浩など、投打において好調ぶりがうかがえるが、もうひとつ見逃せないのがソフトバンクの走塁だ。

 印象的なシーンは第3戦、1-0とリードして迎えた4回裏のソフトバンクの攻撃の時だ。一死二塁から阪神・藤浪晋太郎が投げた球がワンバウンドとなり、一塁側へ大きく逸れた。二塁走者の吉村裕基は全力でスタートを切ると、スピードを緩めることなく、一気にホームを陥れた。

 試合後、吉村はこの場面を次のように振り返っている。

「ホームまで還るつもりはなかったけど、ボールの跳ね方を見た時点で三塁を回ろうと思った。止まる気はなかった」

 また、三塁コーチャーを務めていた笘篠誠治コーチも、「今年は暴投に関しては、『行けるものは行こう』と言い聞かせてきた」と語る。

 ひとつでも次の塁に行く意識の高さが、貴重な追加点を挙げた格好となったわけだが、阪神に与えたダメージは1点以上に大きなものとなった。

 この吉村の走塁を見て、あるシーンを思い出した。

 1987年の西武と巨人の日本シリーズ、第6戦でのことだ。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@