データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





メジャー移籍を目指す選手、元三冠王や元沢村賞投手らも。来季所属先が未定の選手たち

ストーブリーグも終盤戦に突入しているが、未だ来シーズンの所属先が決まらない選手も多い。2004年の三冠王松中信彦や、2009年の首位打者である鉄平らもその一人だ。

2015/12/21

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



松田・マエケンはどの球団へ?

 クリスマスを目前に控え、プロ野球のストーブリーグも既に終盤戦を迎えている。オフの大きな目玉となる契約更改も多くの選手が終了、日本ハムなど全選手の契約更改を終了している球団もある。
 契約更改を終え、来季への決意を固める選手がいる一方で、未だ来季の契約先が決まっていない選手も多い。

 日本人選手で最大の注目を集めているのが、ポスティングでのメジャー移籍を目指す前田健太だ。今季はセリーグ最多勝となる15勝に、防御率2.09の好成績。自身2度目の沢村賞も受賞した。複数球団による獲得競争が予想されたが、今オフのFA市場に先発投手が豊富だったこと、大本命と見られていたダイヤモンドバックスが早期撤退したこともあり、米メディアでも本命球団を絞りきれない状況が続いており、思わぬ球団に決まることもありそうだ。

 ホークスからFA宣言、同じくメジャー移籍を目指す松田宣浩も所属先は未定。メジャーでは今季35発の打撃より守備が評価されており、パドレスが興味を示しているとの噂もある。
 FAではカープから国内移籍を目指す木村昇吾も移籍成立には至っていない。年俸が安く、複数ポジションをこなせる点は魅力も、来年4月で36歳を迎える年齢面がネックか。

スポンサードリンク

1 2 3