データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




2015年MVPの柳田悠岐と山田哲人。三冠王に近いのはどちらか?【広尾晃の「ネタになる記録ばなし」】

ブログ「野球の記録で話したい」を運営中で『プロ野球解説者を解説する』(イーストプレス刊)の著者でもある広尾晃氏。当WEBサイトでは、MLBとNPBの記録をテーマに、週2回、野球ファンがいつもと違う視点で野球を楽しめるコラムを提供していく。今回は柳田と山田の三冠王の可能性について考えてみた。

2015/11/30

text By

photo

ベースボールチャンネル編集部

タグ: , , , , , , ,



admin-ajax0906

トリプル3の二人に三冠王の可能性はあるか?

 先日NPBのMVPが発表された。
 当サイトでも予想した通り、パはソフトバンクの柳田悠岐、セはヤクルトの山田哲人、優勝チームの主軸打者であり、ともにトリプル3を達成した二人が順当に選ばれた。

 史上9人目、10人目の大記録を達成した柳田と山田はすでに球史に名を残す存在だ。今後は2年連続のトリプル3のみならず、史上7人(11回)しか達成していない三冠王を狙えるだけの力も兼ね備えている。

 トリプル3と三冠王は、打率、本塁打という同じ項目が含まれているが、内容は大きく異なる。
 トリプル3は3割、30本、30盗塁という数字をクリアすれば達成できる。困難な数字であるにしても、本人に能力があれば達成可能だ。
 しかし三冠王は打率、本塁打、打点でタイトルを取らなければならない。“タイトル争いのライバルがいる”という点が大きく異なる。
 さらにトリプル3にない「打点」という項目は、チーム状況に大きく左右される。チームメイトの協力なくしては達成不可能なのだ。

 これらを念頭に置いて、二人の今季の成績を比較してみた。

hiroo1128-1

 生還率は得点を総出塁数で割ったもの。自らの出塁率が高く、味方打線が強力だと数値が上がる。二人ともリーグ1位、味方打線も強力だった。
 打点効率は1安打あたりの打点で、ともにトップクラスだ。塁上に走者がいるシチュエーションで打席に立つことが多かったといえる。
 本塁打、打点、打率ともに3位以内。三冠王の可能性は大いにある。

 気がかりなのは、柳田の死球。
 リーグ最多の14、柳田は9月末にロッテのイ・デウンから死球を受け、その影響で以後、スタメンには復帰しないままレギュラーシーズンを終えた。
 大柄で内角球にも踏み込んでバットを振る柳田には今後も死球のリスクがついてまわるだろう。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@