データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




「自分でも通用する」縞田拓弥が自信を深めた一打。来季は笑顔満開でレギュラー定着へ【どら増田のオリ熱コラム #62】

今季5位に終わったオリックス・バファローズ。怪我や不調で悔しい思いをした選手が多い中、飛躍のきっかけを掴んだ選手もいる。縞田拓弥がその一人だ。

2015/11/30

text By

photo

オリックス・バファローズ

タグ: , , , ,



1428238566583

4年目に訪れたチャンス

「こんにちは!」

 5月、今シーズンから取材を始めた私が最初に行った神戸サブでの二軍の試合。ガチガチに緊張していた私に縞田拓弥は笑顔で挨拶してくれた。
 この時の縞田の笑顔に救われたのは言うまでもない。その後、縞田は一軍に再昇格すると、シーズン終了まで二軍に降格することはなかった。

 2012年ドラフト2位で社会人の名門・JR東日本から入団。
 この年オリックスが指名した社会人選手は、1位の安達了一をはじめ佐藤達也、海田智行、小島脩平、同じくJR東日本から川端崇義と全員が今季一軍に出場している。

 その中で縞田は昨年までの3年間の数字を並べるとこうなる。

2012年 28試合/打率.182/本塁打0/打点2
2013年 51試合/打率.143/本塁打0/打点3
2014年 36試合/打率.125/本塁打1/打点1

 結果の出ない日々が続いた。

 今季は4月18日に一軍登録、25日の日本ハム戦(札幌ドーム)でレフト線を破るタイムリーツーベースを放ち、2打席目にしてチームの勝利に貢献。
 30日に一度は登録抹消されるが、5月21日に再昇格すると、福良淳一監督代行になったばかりの6月3日の巨人戦(東京ドーム)で8回に代打で登場。山口鉄也からセンター前ヒットを放ちチャンスメイクを演出する。翌4日には今季初スタメン出場、13日の阪神戦(京セラドーム大阪)では今季初ホームランも放った。

 だが翌14日を最後にしばらくスタメン起用はなく、6月28日から7月7日まで試合にすら出場できなかった。

「仕方ないですね。でもチャンスは必ず来るはずなんで、その時は必ずモノにします」

 7月5日の神戸で改めて話を聞いた際、こう話していたが、レギュラーの座を射止めていた西野真弘、中島裕之、小谷野栄一、エステバン・ヘルマン、そして内野のユーティリティプレーヤーだった原拓也までもが怪我により、抹消と登録を繰り返したことで、外野も含めて守れる縞田にチャンスが巡ってきた。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@