データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




日本シリーズ第2戦は、ソフトバンクが接戦を制し、1勝1敗へ

日本シリーズ第2戦は、ソフトバンクが2対1で勝利。これで対戦成績は1勝1敗のタイとなった。

2014/10/26

text By

タグ: , , , , ,



 初戦は阪神の打線がつながり、勝利。
 火曜日から熱狂的なファンが待つ本拠地・ヤフオクドームでの開催なだけに、第2戦は勝って1勝1敗で戻りたいソフトバンク。逆に、この勢いを加速させたい阪神。
 
 第2戦は、阪神はプロ野球解説者・与田剛氏がポイントにあげたエースでベテランの能見が先発。一方のソフトバンクは若い武田がマウンドへ上がった。

 過去の日本シリーズのデータから、先制したチームがその試合を制する確率は7割以上。またこれまで初回に1番得点が入っている。
「初回、先制、1番打者」――2014年日本シリーズVへのキーワード

 注目の初回。カギを握る1番打者の柳田がヒットで出塁。今宮が送ってバッターは3番の内川。過去2年間の対阪神戦の通算打率、.343を誇る男がしっかりとタイムリー。日本シリーズでは非常に重要な1点をあげる。
(データは【広尾晃の「ネタになる記録ばなし」】 「シリーズ男」は誰? 両チームの伏兵捕手の打撃に注目!を参照)
 
 4回には、過去2年間の対阪神戦の通算打率が4割強と内川より打ちまくっている主砲・李大浩のホームランで貴重な追加点。

 武田は非常に落ち着いた投球で、5回まで阪神打線を無安打に抑える。
 阪神は、6回に反撃。代打・狩野のヒットのあと、日本シリーズの経験豊富な1番・西岡がライトへタイムリー2塁打。2対1と1点差に縮める。

 しかし、今日の阪神打線はこの1点が精一杯だった。

 武田は7回まで阪神を7回3安打1失点の好投、8回は五十嵐、9回はサファテと勝利の方程式でこの1点を守り切り、第2戦はソフトバンクが勝利した。
 
これで対戦成績は1勝1敗、火曜日から戦いの場を福岡に移し、第3戦が行われる。

スポンサードリンク

shiro





@