データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




【BBC独自予想】2015年年間MVP、パは柳田悠岐(ソフトバンク)・セは山田哲人(ヤクルト)で決まりか

ベースボール・チャンネルでは今シーズン、NPBの週間MVPを27回にわたり発表してきた。その基準で2015年、年間MVPも考えてみたい。

2015/11/21

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



admin-ajax0906

MVPの回数は優勝したソフトバンクがNo.1

 パリーグだ。

hiroo1121-1

 打者は、1週目に早くもMVPを取ったソフトバンクの柳田悠岐が、シーズンを通して好調を維持し8回選出。圧倒的だった。
 先発投手は日本ハムの大谷翔平が4回。オリックスの東明大貴が3回。東明は防御率は3.55と良くないものの好不調の波が大きく、抜群の週があった。
 救援投手はサファテが4回MVPを選出した。続いて日本ハムの増井浩俊。

 受賞者をチーム別に分けると以下の通りとなる。

hiroo1121-2

 ソフトバンクは打者の週間MVPが10回。次に西武が続く。先発はオリックスが6回。救援は楽天が6回。総合のMVPはソフトバンクが8回。選出回数は、チームの戦力バランスをある程度反映しているようだ。

混沌セリーグを象徴

 セリーグはどうだろうか。

hiroo1121-5

 打者は、シーズン序盤は好調DeNAからの選手が目立ったが、5月ごろからヤクルトの選手が圧倒的に増えていく。山田哲人は柳田同様、8回選出となった。

 先発投手は巨人のマイコラスが4回。ヤクルトの小川泰弘が3回。
 救援投手は、ルーキーながらDeNAの守護神と活躍した山崎康晃の名前がランクイン。後半からは広島の救援投手も入ってくる。
 総合MVPは、各球団の選手が乱立。混沌としたペナントレースを反映している。

 チーム別の受賞者数だ。

hiroo1121-6

 打者はヤクルトが12回、対照的に中日はなし。先発は阪神が7回、救援はDeNAが8回。総合MVPは、ヤクルトと阪神が7回。
 こちらもチーム状態を反映していると言えよう。

スポンサードリンク

1 2 3 4

shiro





@