データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




たとえプロでは花開かなかったとしても──千葉ロッテ、戦力外通告選手たちへ2015【ほぼ月刊マリーンズ#8】

ドラフト会議、トライアウトも終わり、秋季キャンプも最終盤。プロ野球では各球団の来季に向けた補強の陣容も次第に白日のもとになっている。今回は、そんな時節柄だからこそ、我らがマリーンズを去りゆく者たちをクローズアップ。昨年に続き、手向けのコラムとしてみたい。

2015/11/17

text By

タグ: , , , , , , , , , , , ,



DSC_0427

“大収穫ドラフト”の陰では非情な通告も

 昨年の同時期に書いたコラムでは、“マリーンズファンの最大の関心事”を「FAに揺れるエース成瀬(善久)が去るか否か」と書いたが、今年に至っては“ミスターマリーンズ”を受け継ぐはずだった男・今江敏晃がよもやの退団。ファンにとっては、ものすごく既視感のある(そして、成瀬の今季成績からすると、不安もよぎる)オフとなっているに違いない。

 とは言え、この稿の主役は昨年と同じく、戦力外選手について。本人の意志とは無関係に非情の通告を受けた服部泰卓、川本良平、早坂圭介、小林敦、上野大樹、矢地健人、中後悠平、植松優友(年齢順)の8選手のことを、惜別の想いもこめて、いま一度振りかえる機会としたい。

 もちろん、個々の選手への思い入れの強弱によっても見方は異なるだろうし、ファン感情からすると、「まだやれるのに、どうして」と思いたくなる選手もいなくはない。だが、客観的には、やはり今年も“残当”。平沢大河や成田翔といった高卒のゴールデンルーキーを含む総勢9人もの新人をドラフト指名したことを考えれば、「それもやむなし」というのが偽らざる状況ではあるだろう。

 一昨年の“救世主”でもあった服部は、大不振に陥った昨季に続いて、今季もファームで防御率4.91と奮わず、1軍登板の機会すらなかったし、それはルーキーイヤー以来、結局一度も浮上できなかった小林もご同様。川本、早坂あたりは若手の台頭もあって、出場機会はほぼ皆無で、昨季ドラゴンズを戦力外となった矢地は、もらったチャンスをモノにするまでには至らなかった。

 が、しかし。それでも、「M」のロゴが入ったピンストライプに一度でも袖を通した彼らが、僕らが見守り、声援を贈った愛すべき選手たちであることに変わりはない。

 被本塁打の多さ、いわゆる“飛翔癖”を、“エースの器”と手前勝手に都合よく解釈して生暖かく見守ってきた上野や、常識を覆す妙なフォームから投げこむ150km/h近いストレートにはロマンしかなかった中後。今季のプロ初登板で8年ぶりに甲子園のマウンドに立った“中田翔を倒した男”植松らの存在が、たとえ他球団ファンの記憶からこぼれ落ちるとしても、僕らはこの先もきっと変わらず、その姿、その名前を肴に酒を酌みかわしていくのである。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@