データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




リード面で成長著しい燕の正捕手。日本シリーズは中村VS.ソフトバンク打線の構図【野口寿浩の眼】

クライマックス・シリーズ(CS)ファイナルステージは、パリーグはソフトバンクがロッテに、セリーグはヤクルトが巨人に勝利し、それぞれ日本シリーズ進出を決めた。 ともにペナントレース優勝を飾ったチーム同士の戦いとなる日本シリーズ。見どころを元ヤクルトや日本ハムなどでプレーされた解説者の野口寿浩氏に語ってもらった。

2015/10/24

text By

タグ: , , , , , , , , , ,



DSC_0012

4番・内川の復調で打線に死角なし。カギは千賀の起用法

 ソフトバンクはロッテを3連勝で破り、シーズン90勝を達成した強さをまざまざと見せつけました。CSでの3試合を見る限り、死角は見当たりません(笑)。ケガによりシーズン終盤を休んでいた柳田悠岐がCSから復帰。どこまで状態が戻っているのか不安視する声もありましたが、初戦で特大のホームランを放つなど、順調に回復しているところを見せました。

 打線でいうと、内川聖一に当たりが戻ってきたのが大きい。今シーズンは「キャプテン」と「4番」という重責を担い、プレッシャーからか、内川本来のバッティングができませんでした。それでもCSでは3試合連続して殊勲打を放つなど完全復活。ここに来て打線の厚みはさらに増したと思います。

 投手陣も日本シリーズに向け、順調に仕上がっている印象を受けました。なかでも目にとまったのが、リリーフの千賀滉大のピッチングです。

 第1戦では、2-2の同点で迎えた5回一死二、三塁で登板し、福浦和也に四球を与えたものの、デスパイネ、クルーズを連続三振に打ち取り、無失点に抑えた。続く6回も三者凡退と危なげないピッチングを見せ、流れを引き寄せました。第3戦では2点リードの7回に無死一、二塁の場面でマウンドに上がり、クルーズを併殺打、今江敏晃を内野ゴロに仕留めた。8回も続投して三者凡退と、完璧なリリーフを見せました。

 千賀の素晴らしいところは、真っ向勝負しながら三振が奪えること。つまり、球場の雰囲気、ベンチのムードをいっぺんに変えてしまう力を持っているんです。
 特に、ヤクルトは強力打線がウリのチームで、必ずピンチを背負う場面が出てくるでしょう。その時に千賀が登板し、完璧に抑えるとソフトバンクに流れが傾く。日本シリーズでは千賀の起用法がソフトバンクにとってはひとつのカギになると思います。

 投打ともに順調なソフトバンクですが、あえて不安を挙げるとすれば、CSが3戦で終わったために攝津正、スタンリッジといった先発候補が登板できなかったことです。両投手とも実績も経験もあるので、杞憂に終わるかもしれませんが、少し登板間隔が空きすぎる気がします。紅白戦などで実戦登板はしていますが、本番とはプレッシャーが違います。間違いなく日本シリーズでは登板するでしょうし、そこでどんなピッチングができるのか、注目ですね。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@