データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




セリーグVのヤクルトは4人 松田、畠山、大野らが今季取得、今オフのFA権有資格者は?

松田宣浩、畠山和洋、大野奨太ら今季も多くの有力選手たちがFA権を取得。カブスをDFAされた和田毅、今季途中に日本復帰した藤川球児も含め、その動向に注目が集まる。

2015/10/15

text By

タグ: , , , ,



172309757

リリーフ投手がFA権を取得

 巨人、ロッテがCSファーストステージを突破、CSファイナルステージがスタートとポストシーズンまっただ中のプロ野球界だが、戦いを終えた球団の目は既に来季に向けられている。特に補強の目玉となるのがFA移籍、公式戦終了時点でのFA権有資格者は以下の選手たちだ。
(☆印は今季新たに取得した選手)

・投手
海外FA権
石川雅規、☆館山昌平、内海哲也、安藤優也、福原忍、永川勝浩、☆山井大介、三浦大輔、林昌範、武田久、☆平野佳寿、☆青山浩二

国内FA権
西村健太朗、☆山口鉄也、高橋聡文、☆江草仁貴、☆長田秀一郎、宮西尚生、武田勝、岸孝之、☆岸田護、川井貴志

 8年連続60試合登板のジャイアンツ山口を筆頭に多くのリリーフ投手がFA権を取得した。実績抜群の左のリリーフは希少、昨年権利を得た宮西とともにもし宣言すれば、多くの球団が殺到するのは確実だろう。右腕では今季31ホールドの青山や50試合登板の岸田にも注目が集まる。カブスからDFAを受けた和田毅や、今季途中から四国ファインティングドッグスに入団した藤川球児のNPB復帰の可能性もある。特に和田は今季こそ1勝に終わったものの、二桁勝利が計算ができる貴重な左のスターター。復帰が実現すれば古巣ソフトバンクをはじめ多くの球団が獲得に名乗りを上げるだろう。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@