データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




全日本大学野球選手権大会・準決勝 決勝はプロ注目右腕・生田目VS早大強力打線

13日、神宮球場で第64回全日本大学野球選手権準決勝が行われ、第1試合は流通経済大-神奈川大、第2試合は早稲田大-上武大が決勝進出をかけて戦った。

2015/06/13

text By

タグ: , , , , ,



DSC_0012

流通経済大エース生田目翼が2安打完封勝利

 13日、神宮球場で第64回全日本大学野球選手権準決勝が行われた。第1試合の流通経済大-神奈川大は、流通経済大のエース生田目翼(水戸工業高・3)が2安打完封で3-0、第2試合の早稲田大-上武大は、先発全員安打の早大が11-2のコールドで勝利し、それぞれ決勝進出を決めた。

 昨年の同大会準優勝の神奈川大の前にプロ注目右腕・生田目が立ちはだかった。
 試合は初回から動く。先攻の流通経済大は、1番の高橋俊(流通経済大付属柏高・3)が四球で出塁し、1死からヒットと相手投手の連続暴投で1点を先制。その後2死1・3塁となり6番渡辺優也(前橋育英高・4)の右中間タイムリーツーベースヒットでさらに2点を追加し、3-0と初回から引き離す。

 守るは、プロ注目右腕の生田目が初回先頭打者にヒットを許すもその後は凡打の山を築き、5回まで無安打に抑える。6回も先頭打者をヒットで出塁させるも後続をきっちり抑えて104球、被安打2、四球1の完封勝利。チームを29年ぶりの決勝に進める好投だった。

 4回と8回に振り逃げでランナーを出すも慌てることはなかった。バックを信じるように堂々とした振る舞いで最後まで神奈川大打線に反撃のチャンスを作らせなかった。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@