データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




北陸勢初の快挙!敦賀気比が春夏通じで初優勝

4月1日(水)、第87回選抜高校野球大会決勝が行われ、敦賀気比が東海大四を3-1で下し春夏通じて初優勝を決めた。

2015/04/01

text By

タグ: , , ,



MSD_koshien_010

完璧に見抜いたスクイズ阻止

 雨の影響で予定より1時間遅れて始まった決勝戦。昨日とはうって変わってどんよりとした雲が覆う肌寒い中での決勝戦は、春夏通じて北陸勢初の優勝がかかった敦賀気比と北海道勢初の選抜優勝をかけて東海大四が激突し、敦賀気比が3-1で勝利し、初優勝を決めた。

 試合は初回から動く。先攻の東海大四に対して、敦賀気比のエース平沼は先頭打者を内野安打で出塁させると、味方のエラーも重なり1死3塁とし、犠牲フライで1点を先制される。その後も死球で2死1・3塁とするが、後続を三振に抑え最少失点で切り抜ける。

 その裏、敦賀気比も先頭打者がヒットで出塁。送りバントと死球で2死1・3塁のチャンスをつくり、5番山本が甲子園初ヒットのタイムリーヒットを放ち、すかさず同点に。

 4回は、敦賀気比が無死満塁のチャンスも、東海大四の大澤が後続を連続三振とショートゴロに打ち取るなど、両エースが粘り強いピッチングを続け、試合は1-1のまま8回に進む。

 8回に平沼は、先頭打者にタイムリーツーベースヒットと味方のエラーで1死1・3塁のピンチを迎える。ここでバッターは大澤。その初球でスクイズ。準決勝の浦和学院戦の再現かと思われたが、平沼は落ち着いていた。スクイズを見抜いたように外角高めにボールを外すと、大澤のバットが空を切り、飛び出した3塁ランナーがタッチアウト。大澤を見逃し三振に抑え、後続も味方の好守で打ち取り、最大のピンチを切り抜けた。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@