データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




ドラ1・山岡泰輔らは社会人野球の総決算。日本選手権はトヨタ自動車が優勝候補【横尾弘一のプロへつながる社会人野球】

10月29日から11日間にわたって京セラドーム大阪にて第42回社会人野球日本選手権大会が開催される。20日のドラフト会議で指名を受けた選手も多く登場する。

2016/10/28

text By

photo

グランドスラム

タグ: , , , , , , , , ,



今夏の都市対抗で優勝~

一回戦から激戦が期待

 第42回社会人野球日本選手権大会は、10月29日から11日間にわたって京セラドーム大阪で開催される。10月6日に実施された組み合わせ抽選会で、一回戦のカードは以下のように決まった。

 今夏の都市対抗でベスト4入りした西濃運輸、ベスト8のJR九州をはじめ、Honda、JR東日本など強豪が地区予選で敗退。それでも、日本一のチームに授与されるダイヤモンド旗を巡る戦いは熾烈を極めそうだ。

 都市対抗で初優勝を飾り、日本選手権では4回の優勝を誇るトヨタ自動車、そのトヨタ自動車に敗れて準優勝だったものの、充実した戦力で秋の頂点を目指す日立製作所は左右のブロックに分かれ、再び優勝候補の筆頭と目される。

 だが、トヨタ自動車は、都市対抗準々決勝でも対戦し、延長で振り切ったNTT東日本、日立製作所も強力打線の三菱重工長崎と一回戦で当たるなど、厳しい戦いが続くだろう。

昨年優勝の日本生命も史上3チ

 そんな5試合を勝ち抜くには、トヨタ自動車は絶対的エースの佐竹功年に次ぐ先発を確立させ、激しいレギュラー争いが繰り広げられている野手でも、新たな力に出てきてほしい。
 一方、新人で四番に座る菅野剛士ら、若手の台頭で破壊力のある打線を組む日立製作所は、梅野無我がエース格として活躍している投手陣をどう起用していくかがポイントになる。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@