データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




2016年ドラフトも豊作――田中正義ら大学野球で躍動する「大谷・藤浪世代」の好投手

2015年の大学野球は、18日の明治神宮大会閉幕でシーズンを終える形となった。今年のドラフトでは6球団が大学生投手を1位指名したが、来年2016 年も、ドラフト候補を見る限り、「大学生投手は豊作」だ。

2015/11/20

text By

photo

高木遊

タグ: , , , , , , , ,



生田目翼(流通経済大)2015秋

今春に全日本大学野球選手権でチームを準優勝に導いた流通経済大・生田目翼

「田中正義は別格」

 高卒3年目ながら、日本を代表する投手となった日本ハム・大谷翔平や阪神・藤浪晋太郎。2016年は、同世代にあたる大学生投手たちが最終学年となり、多くの選手がドラフト候補として注目されている。

 その筆頭格は「別格。ドラフト1位指名の入札が12球団となってもおかしくない」とスカウトが口を揃える創価大の最速156キロ右腕・田中正義(創価高)だ。※カッコ内は出身校。
 今年はユニバーシアード日本代表のエースとして、プロの有望株で構成されたNPB選抜から7者連続三振を奪うなど、今年も右肩上がりの成長を続けた。
 だが、その田中以外にも多くの有望株がおり、全国各地に逸材がいる。

右腕は本格派が多く、特に豊作

 投手の中でも特に右腕は「豊作」だ。

 高校時代から田中の同僚で、高校時代は田中を抑えてエースそしてドラフト候補だった創価大・池田隆英(創価高)と、田中と同じ東京新大学リーグで凌ぎを削る流通経済大・生田目翼(水戸工)は、ともに150キロを超えるストレートが武器の本格派だ。

 甲子園でも活躍し、ユニバーシアード日本代表にも選出されるなど完成度が高いのは立教大・澤田圭佑(大阪桐蔭)、明治大・柳裕也(横浜)の東京六大学リーグ勢。来季はそれぞれ、伝統校の主将を務めることが決まっており、グラウンド内外でチームを引っ張っていく決意だ。
 他にも関東では、春季リーグで完全試合を達成した東海大・丸山泰資(東邦)、昨秋の明治神宮大会関東地区代表決定戦で150キロ台のストレートを連発させた白鴎大・中塚駿太(つくば秀英)も上位指名を狙える位置にいる。

 また関東以外では近畿大・畠世周(近大福山)、九州共立大・岩本喜照(常葉菊川)の大型右腕2人、共にキレの良いストレートが武器の富士大・小野泰己(折尾愛真)、波多野陽介(日本文理)の東北勢2人の伸びシロに期待したい。

 隠し玉としては、打者としても中軸を打つ岐阜大の193センチ右腕・西澤直輝(可児)も面白い存在だ。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@