データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




西野・小田に続く即戦力候補を集めたオリ、中日は情報戦を制し上位候補を指名【2015年ドラフト総括・社会人編】

10月22日、「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が都内で行われた。今年も注目選手に話題が集まったが、見るべきポイントはいくつもある。下位指名で活躍や大化けが期待できる選手は? ドラフトによる補強がうまくいった球団は? 今ドラフトにおける傾向や特徴を社会人、大学、高校と3つのカテゴリーにわけ、総括したい。

2015/10/24

text By

photo

グランドスラム

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



アマチュアNo.1捕手の呼び声高い木下拓哉

オリックスは最多6名を指名

 今年も88名(育成を含めれば116名)の金の卵がプロの扉を開いた。そのうち社会人は27名と、昨年に次いで多めの指名。いつでも需要のある投手に対して、野手は即戦力中心のピンポイント補強になるのが常で、捕手、遊撃手、スラッガーと予想通りの指名だった。

 最多6名を指名したのはオリックス。

社会人のトップを切って指名された近藤大亮

 2位で先発ローテーション入りが期待される近藤大亮(パナソニック)、4位で豊かな将来性を備えた青山大紀投手(トヨタ自動車)を確保すると、7位で堅守の遊撃手・鈴木昂平(三菱重工名古屋)、8位で速球派右腕の角屋龍太(ジェイプロジェクト)、9位で技巧と制球力が光る右腕の赤間 謙(鷺宮製作所)、10位で大砲候補の杉本裕太郎(JR西日本)と、担当スカウトがしっかり追いかけて評価したであろう選手たちをピックアップする。
 当然、チーム事情にもマッチしているから、指名順位に関わらずチャンスもある。高校・大学生とのバランスもよく、全体的にも素晴らしいドラフトだったと言っていい。

 続いて4名を指名したのが中日、広島、千葉ロッテだ。

 中日は各地区担当スカウトが上位指名で獲得したい投手を吟味し、落合博満ゼネラル・マネージャーが中心となって即戦力の社会人を何度も視察する。その結果、アマチュアNo.1捕手と評され、1位指名もあると言われた木下拓哉(トヨタ自動車)を3位で、同じく確実に指名したいなら2位以内と見られていた福 敬登(JR九州)を4位で指名するなど情報戦をも制する。

アマチュアNo.1捕手の呼び声高い木下拓哉

 さらに、5位で強打の遊撃手・阿部寿樹(Honda)、スラッガーに脱皮する可能性も高く、一塁と外野を守れる石岡諒太(JR東日本)を6位と、競争力を高めたいポジションに実力派を獲得した。

 広島も中日と同様に、2位で右腕の横山弘樹(NTT東日本)、6位で左腕の仲尾次オスカル(Honda)と投手力を増強する一方、4位に22歳の捕手・船越涼太、5位に21歳の遊撃手・西川龍馬と、王子の若手コンビを挙げてセンターラインも強化した。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@