データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



「基本的なことを意識して」2次Rキューバ戦で2本塁打の侍J・山田が語る

2017/03/15

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



 14日に東京ドームで行われたWBCの2次ラウンドの侍ジャパン対キューバ代表戦は8対5で勝利。2次ラウンドを2勝0敗とした侍ジャパンは決勝ラウンド進出へ大きく前進した。この試合で、先頭打者本塁打と、試合を決める2ラン本塁打を放ったのが、東京ヤクルトスワローズの山田哲人内野手だ。
 
 この日はオーストラリア戦以来の1番指名打者でのスタメン。強化試合から続けてきた打順に戻っての仕事だった。「ここ4試合くらい自分自身、納得のいくバッティングができていなかったので、今日も1番ということで、今日は自分が決めてやる、自分が打って試合に勝つという強い気持ちで臨んだ」と語る。絶好調とは言えない打撃を続けてきたが、強い気持ちで試合に臨んだことが実った。
 
「難しいことは考えずに、簡単なことだが前に突っ込まない、バランスを大事にするとか基本的なことを意識して切り替えてやっていった」とも語った山田。侍ジャパンを救った2本塁打には意識の切り替えが裏側にあった。