データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





イスラエル戦勝利で2次R1位通過決定の侍J。小久保監督は「勝ちに行く」

2017/03/15

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 侍ジャパンは14日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)プールE、対キューバ代表戦を東京ドームで行い、8-5で勝利した。
 
 1回に山田哲人内野手(ヤクルト)の本塁打で先制。しかし、2回にキューバのグラシアル内野手に逆転2ラン本塁打を放たれ、以降は点を取られては追いつくいたちごっこの展開となる。
 
 試合が動いたのは8回。1アウト一、三塁でこの日2安打の小林誠司捕手(巨人)を迎えるも、小久保裕紀監督は代打に内川聖一外野手(ソフトバンク)を送ると、犠飛で勝ち越し。続く山田がレフトへ2本目の本塁打を放ち、ダメ押しの2ラン本塁打となった。
 
 これまで、同点の時は基本的にキャッチャーを変えないと話していた小久保監督。試合後の会見では「あそこ(小林に代打・内川を送った場面)は勝負(をかける場面)だなと。聖一には「こういうシチュエーションになったら行くよ」と僕が細かく指示をしていた」と、キャッチャーよりも得点をとることを優先させたことを明かした。
 
 15日のイスラエル戦で勝てば2次ラウンド1位通過が決まる侍ジャパン。小久保監督は「明日(15日)勝たないと1位通過ではないので、まったく余裕はない。今日(14日)のことは今日で過去。明日勝ちに行く」と、2次ラウンド最終戦を前に意気込んだ。

スポンサードリンク