データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



再び死闘を制した侍J。小久保監督「非常に苦しいゲームだったが、逆転できてよかった」

2017/03/15

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 侍ジャパンは14日、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第2ラウンド・プールEのキューバ代表との試合を8-5で制した。
 
 試合を終えて、小久保裕紀監督は「オランダ戦に引き続き、非常に苦しいゲームだったが、逆転出来てよかった」と死闘が一息ついて胸をなで下ろしているようだ。
 
 また、14日のキューバ戦では幾度となく勝ち越しを許したが、その都度打線の援護で粘り強く追いついた。そのことについて、以下のように称賛した。
 
「菅野(智之)が4失点したが、打線が粘り強く相手の隙に付け込んで。筒香(嘉智)のさすがのタイムリー、山田(哲人)のホームラン、勝負をかけたときの内川(聖一)の犠飛と、本当に素晴らしかったです」
 
 不調の山田を1番に起用、2安打の小林誠司捕手に代打・内川を送るなどという小久保采配が見事に的中した試合となった。
 
 そして、2戦続けて接戦を制した指揮官は、既に次の試合を見据えている。
「今日までのことは過去なので、明日勝ちに行きます」
 
 15日は2次ラウンド突破をかけ、ここまで4勝1敗と好調のイスラエルと対戦する。