データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



今大会初のタイブレークを制した侍J。小久保監督「一生忘れることのない試合かな」

2017/03/13

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 侍ジャパンは12日、東京ドームで行われた第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド初戦、オランダ代表との試合を8対6(延長11回)で制した。
 
 WBCでは、11回から無死一、二塁のタイブレーカー制を採用しているが、今大会ではこの試合が初。侍ジャパンは、二塁に菊池涼介(広島)、一塁に青木宣親(アストロズ)がいる状態から試合を再開した。
 
 11回の先頭打者・鈴木誠也(広島)はバントし、1死二、三塁。続く中田翔(日本ハム)が放った打球が2点適時打となり、勝ち越し打になった。
 
小久保裕紀監督は「タイブレークに入る回に選手が引き上げてきた際に、鈴木誠也にはバントで行くと話していた」という。
 
「きっちり一発で決めてくれて、そこでカギになる5番(中田)がきっちり仕事して。そのあともよく牧田(和久)がしのいだ」と、それぞれが役割を果たしたことを称賛した。
 
 またこの試合について「一生忘れることのない試合かな」と、小久保監督は話している。