データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



侍J、中田・筒香の一発で豪州に快勝。投手陣も安定、2次R進出濃厚に

2017/03/08

text By

photo

Getty Images

タグ: , , ,



 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のプールB第1ラウンドのオーストラリア対侍ジャパンの試合が、8日に東京ドームで行われた。
昨日は打線が爆発し大量得点で勝利したが、侍ジャパン・菅野、オーストラリア・アサートンの両先発で始まった本試合は、中盤まで投手戦の様相を呈した。
 
 1回、山田と菊池の連続安打でチャンスを作るも無得点に終わる。その後、5回に先頭の坂本が安打で出塁するまで12人連続アウトを喫するなど、相手先発のアサートンを捉えられなかった。
 
 先発の菅野は度々ランナーを出す場面が見られたが、要所を抑え、失点は2回のデサンミゲルのソロホームランによる1点に抑えた。また、今日はブルペン陣の好投も光った。5回には1死満塁と大ピンチを招くも、連投となった中日・岡田が二ゴロ併殺打に打ち取り無失点に抑える好リリーフ。その後登板したソフトバンク・千賀も2回を4奪三振無失点と持ち味を活かし好投。宮西も1回2奪三振と好投を見せ、リードを守った。
 
 この日は投手陣が先制点を許したが、その後は我慢強く無失点に抑えた。その投手陣の好投に打撃陣が応える。
1-0で迎えた5回、坂本と鈴木の安打でチャンスを作り、松田の犠飛で同点に追いつく。そして7回には、ここまで無安打だった中田が初安打となる勝ち越し本塁打をレフトスタンドに放り込んだ。今まで苦しんでいただけに、会心の一撃となった。また、8回には2アウトから青木が四球で出塁、続く筒香がライトポール際に特大本塁打を放ち、非常に効果的な追加点を奪った。
 9回表には満塁のチャンスを作ったが、2番菊池、3番青木は凡退に終わり、追加点とはならなかった。
 
 そして、9回裏には昨日に続き牧田が登板。
昨日はピンチを作ったが、今日は安定した内容でオーストラリア打線を封じ、試合を締めた。
 
 投手陣が1失点に抑え、中軸が得点するという理想的展開で勝利した侍ジャパン。
 キューバ、オーストラリアから2勝を上げたことで、2次ラウンド進出も非常に現実的なものとなってきた。
 
 次は、10日に中国代表との対戦予定となっている。
 
【オーストラリア】
アサートン 57球
ウェルズ 20球
ウィリアムズ 26球
ケネディ 17球
サール 16球
ローランドスミス 5球
 
【侍ジャパン】
菅野 66球
岡田 7球
千賀 32球
宮西 13球
牧田 18球
 
本塁打
オ デサンミゲル(2回ソロ)
侍 中田(7回ソロ)、筒香(8回2ラン)
 
バッテリー
【オーストラリア】
アサートン、ウェルズ、ウィリアムズ、ケネディ、サール、ローランドスミス-デサンミゲル
 
【侍ジャパン】
菅野、岡田、千賀、宮西、牧田-小林